Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

監査 API

  • 更新済み: 1/20/2021
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

監査 API

監査 API を使用して、日付フィルター、並べ替えメカニズム、改ページの特定の入力組み合わせのための監査データをリクエストします。

前提条件

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。
  • 認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。認証 API をご覧ください。
  • AAE_Admin ロールを持つユーザーまたは [全員の監査ログ アクションを表示] 権限を持つユーザーは、Control Room で監査ログを表示できます。

手順

  1. 認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。認証 API をご覧ください。
  2. フィルターを適用して、Web ページの基本的な条件付きクエリおよび改ページの制御を実行します。
    フィルタリングには、フィルタリングの条件、列の並び替え、改ページ パラメーターという 3 つの基本的な機能があります。

    API リクエスト本文でフィルタリング

  3. POST メソッドとエンドポイント URL: <your_control_room_url>/v1/audit/messages/list
    次の例は、2019 年 12 月 に失敗したログイン試行をリクエストします。

    リクエスト本文:

    {
      "sort": [
        {
          "field": "createdOn",
          "direction": "desc"
        }
      ],
      "filter": {
        "operator": "and",
        "operands": [
          {
            "operator": "gt",
            "field": "createdOn",
            "value": "2019-12-01T00:00:00.001Z"
          },
          {
            "operator": "lt",
            "field": "createdOn",
            "value": "2019-12-31T23:59:59.999Z"
          },
          {
            "operator": "eq",
            "field": "status",
            "value": "Unsuccessful"
          },
          {
            "operator": "substring",
            "field": "activityType",
            "value": "LOGIN"
          },
          {
            "operator": "substring",
            "field": "userName",
            "value": "joe.typical@myemiil.com"
          }
        ]
      },
      "fields": [],
      "page": {
        "length": "1000",
        "offset": "0"
      }
    }
  4. リクエストを送信します。
    この例のレスポンスは、日付フィルター、並べ替え、および改ページのデータを返しました。リクエストにフィルタリングがない場合、指定した Control Room のすべてのページでレスポンスが正常に返されます。
    レスポンス本文:
    {
      "page": {
        "offset": 0,
        "total": 731064850,
        "totalFilter": 9
      },
      "list": [
        {
          "id": "XlHj6G4BFXSpOOji5B7S",
          "eventDescription": "User does not exist in Control Room.",
          "activityType": "LOGIN",
          "environmentName": "",
          "hostName": "12.xxx.xx.x",
          "userName": "joe.typical@myemiil.com",
          "status": "Unsuccessful",
          "source": "Control Room",
          "objectName": "N/A",
          "detail": "",
          "createdOn": "2019-12-09T04:21:19Z",
          "requestId": "04965c2e-82e0-4ce4-a88d-bebe1dc3a2a8",
          "createdBy": "0"
        },
        {
          "id": "g1Hj6G4BFXSpOOji2Rwx",
          "eventDescription": "User does not exist in Control Room.",
          "activityType": "LOGIN",
          "environmentName": "",
          "hostName": "12.xxx.xx.x",
          "userName": "joe.typical@myemiil.com",
          "status": "Unsuccessful",
          "source": "Control Room",
          "objectName": "N/A",
          "detail": "",
          "createdOn": "2019-12-09T04:21:16Z",
          "requestId": "61672553-477d-4012-ab47-2a27f6553c4e",
          "createdBy": "0"
        },
        ..............................
        {
          "id": "ETyk6G4BFXSpOOjiaJjt",
          "eventDescription": "User does not exist in Control Room.",
          "activityType": "LOGIN",
          "environmentName": "",
          "hostName": "12.xxx.xx.x",
          "userName": "joe.typical@myemiil.com",
          "status": "Unsuccessful",
          "source": "Control Room",
          "objectName": "N/A",
          "detail": "",
          "createdOn": "2019-12-09T03:11:58Z",
          "requestId": "ebeb01de-1f81-4a7c-8978-405806e146bd",
          "createdBy": "0"
        }
      ]
    }
REST API は、HTTP レスポンス コードで各リクエストに応答します。 レスポンス コードについては、API レスポンス コード を参照してください。
フィードバックを送る