Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

bots をエクスポート

  • 更新済み: 1/11/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

bots をエクスポート

Control Room から別の Control Room に bot をエクスポートできます。

前提条件

  • エクスポートできるのは、パブリック ワークスペース内にある bots のみです。bots をエクスポートするには、プライベート ワークスペースにこれらの bots をエクスポートする前に、まずパブリック ワークスペースにチェックインしてください。
  • パッケージの表示権限も含め、bots のインポートとエクスポートに必要なロールと権限があることを確認してください。
  • エクスポートされたパッケージへのリンクを E メールで受信するには、SMTP を有効にします。

    E メール サーバーの設定

注: Control Room は、過去のエクスポート ファイルを最大 10 GB ダウンロード ディレクトリに保持します。このしきい値を維持するため、ファイルは先入れ先出し方式で削除されます。

手順

  1. [Bot] > [マイ Bot] の順に移動します。
  2. パブリック ディレクトリから、エクスポートする bot を選択します。[Bot のエクスポート] アイコンをクリックします。
    選択した bot および必要な依存関係が Bots とファイル ウィンドウに表示されます。
  3. [次へ] をクリックします。
    エクスポートの準備が完了すると、bot とその依存関係が [依存関係を確認] ウィンドウに表示されます。
  4. [次へ] をクリックします。
    関連するすべてのpackagesが表示されます。
  5. エクスポートする bot に関連する必要なpackagesを選択します。
    すべてのpackagesをエクスポートから除去するには、[Bot パッケージを除外] を選択します。
  6. [Bot とファイルをエクスポート] をクリックします。
    選択したすべての bots ファイルが zip ファイルにエクスポートされます。
    注: Control Room に分析 bots がある場合は、bots に関連付けられたすべての Bot Insight ダッシュボード (デフォルト、カスタム、公開済み)も zip ファイルにエクスポートされます。
    SMTP を構成している場合は、エクスポートされたpackageの zip ファイルへのリンクを含む E メールが送信されます。
    SMTP を構成していない場合は、次の手順を実行し、エクスポートしたpackageの ZIP ファイルへのリンクにアクセスします。
    1. [アクティビティ] > [履歴] の順に移動します。
    2. エクスポートしたパッケージの履歴アクティビティを検索して表示します。
    3. [エクスポートした zip ファイルをダウンロード] をクリックします。
      Zip ファイルをダウンロードするリンクが表示されます。
  7. リンクを使用して zip ファイルをダウンロードし、別の Control Room にインポートする場所に保存します。

次のステップ

botsControl Room にインポートします。

フィードバックを送る