Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Citizen Developer ユーザーを作成する

  • 更新済み: 1/15/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Citizen Developer ユーザーを作成する

Citizen Developer は、 デバイス上で bots を構築して実行でき、デジタル アシスタントとして機能するビジネス ユーザーです。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

手順

  1. [管理] > [ユーザー]に移動します。
  2. [ユーザーを作成] をクリックします。
  3. 次のユーザー詳細を入力します。
    1. ユーザーがすぐにログインできるようにするには、[ユーザーを有効にする] オプションを選択します。
    2. 一意のユーザー名を入力します。
    3. オプション: ユーザーの説明を入力します。
    4. オプション: 名と姓を入力します。
      注: 名と姓で使用できる文字は最大 50 文字です。
    5. ユーザーのパスワードを入力して、確認のために再度入力します。
      パスワードが必要なパスワード ポリシーに従っていることを確認します。
    6. ユーザーの E メール アドレスを入力して、確認のために再度入力します。
      SMTP を有効にすると、アカウントを確認するための E メールがこのアドレス宛てに送信されます。Control Room に関するすべての通知は、この E メール アドレスに送信されます。
  4. [選択可能なロール] のリストから Citizen Developer ロールを選択します。
    使用可能な Citizen Developer ロールがない場合、Control Room でロールを作成します。

    Citizen Developer ロールの作成

  5. 右矢印 () をクリックして、選択を追加します。
  6. Citizen Developer のユーザー ライセンスを割り当てます。
    このライセンスにより、ユーザーは Control Room のみにアクセスでき、bots を作成して実行できます。

    [法的免責事項のバイパス] オプションが自動的に有効になり、ユーザーは免責事項を手動で確認することなく、デバイスで bots を実行することができます。

  7. [ユーザーを作成] をクリックします。
フィードバックを送る