Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot agent のインストーラー MSI ファイルの編集

  • 更新済み: 12/28/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Bot agent のインストーラー MSI ファイルの編集

Bot agent の MSI ファイルを編集して、登録キーと Control Room の URL を追加し、複数のデバイスに Bot agent をリモートでインストールします。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。

Orca および Control Room を含む Windows 10 ソフトウェア開発キットがデバイスにインストールされていることを確認します。Orca は C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.18362.0\x86\Orca-x86_en-us.msi からインストールできます。

また、Microsoft Active Directory のグループ ポリシーを設定して、Bot agent を複数のデバイスにリモートでインストールします。

Use Microsoft Active Directory Group Policy to remotely install software

Bot agent.msiファイルを編集して、Control Room 管理者が Bot agent のポリシーの自動更新を実施できるようにします。

手順

  1. <application filepath>\crui\asset に移動
    例: C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\crui\asset
  2. Orca ツールを使用して、AutomationAnywhereBotAgent.msi ファイルを編集します。
  3. [プロパティ] オプションをクリックします。
  4. AA_CRTOKEN および AA_CRURL の値を変更します。
    AA_CRTOKEN は登録キーを使用し、AA_CRURL は登録キーが生成される Control Room の URL を使用します。
  5. 変更内容を保存します。
フィードバックを送る