Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

E メール通知を編集

  • 更新済み: 4/09/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

E メール通知を編集

E メール通知のディスパッチに使用する電子メールサーバーの詳細を編集します。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

使用する E メール サーバーに関する詳細と、E メール通知の送信が必要なイベントを指定します。[E メール] 設定を構成するには、以下の手順に従ってください。

手順

  1. [管理] > [設定] > [E メール] に移動します。
  2. [編集] をクリックします。
  3. [E メール通知を送信] を選択します。
    デフォルトでは、E メール通知は無効になっています。
  4. E メール通知の送信に使用するサーバーの詳細を指定します。
    オプション説明
    送信元 E メール アドレス E メール通知の送信に使用する E メール アドレスを入力します。
    E メール サーバー ホスト E メール通知の送信に使用する E メール サーバーの詳細を指定します。
    E メール サーバー ポート E メール通知の送信に使用する E メール ポートを指定します。
    サーバーには安全な接続 (SSL/TLS) を使用します サーバーがセキュア接続を使用する場合、オプションを選択します。
    サーバーには認証が必要です サーバーが外部資格情報コンテナーなどにアクセスするために資格情報を必要とする場合、このオプションを選択します。

    サーバーへのアクセスに使用する [ユーザー名] と [パスワード] を指定します。

    資格情報を指定します。

    重要: E メール サーバーの詳細を指定または変更するオプションは、On-Premises のデプロイのみで利用できます。
  5. E メール通知をユーザーに送信する必要がある場合は、以下のオプションのいずれか、またはすべてを選択してイベントを指定します。
    • ユーザーが、ログイン画面からパスワードを忘れた場合のプロセスを開始する
    • ユーザー情報が変更された場合にユーザーに送信
    • ユーザーがアクティブ化、非アクティブ化、または削除された場合にユーザーに送信
    • TaskBot の実行に失敗して停止した場合、それを起動またはスケジュール設定したユーザーに知らせる場合
    • BLM パッケージが、BLM のエクスポートまたはインポートを実行したユーザーに対してエクスポートまたはインポートされた場合
  6. [変更を保存] をクリックします。
フィードバックを送る