Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Credential Vault 接続モードを設定

  • 更新済み: 7/29/2020
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Credential Vault 接続モードを設定

Credential Vault は、bots が使用する資格情報を 1 か所に安全に格納します。

マスター キーを使用して Credential Vault に接続するよう接続モードを設定します。

注: このキーは、Control Room を起動または再起動をするたびに提供する必要があります。

Credential Vaultの設定を構成するには、エクスプレス または 手動 モードを選択します。

エクスプレス モード
Control Room の設定時にシステムに保存したマスター キーを使用してCredential Vaultに自動接続します。
手動モード
Control Room の設定時に使用したマスター キーを使用して、Credential Vault に手動で接続します。

モードを切り替えるときは、マスター キーをフィールドに入力し、[保存] をクリックして変更を有効にします。

ヒント: 変更を反映するために (Control Room がインストールされている) サーバー マシンまたはサービスを再起動します。

Credential Vault接続モード に対するすべての変更は、監査ログ に記録されます。

Control Room URL へのアクセス中に資格情報コンテナー接続の問題が発生する場合、CR fails to load with the Error Code 'cv.validation.secure.cv.locked' (A-People login required) を参照してください。

フィードバックを送る