Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Active Directory ロール マッピングを編集

  • 更新済み: 11/24/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

Active Directory ロール マッピングを編集

Automation Anywhere Enterprise 管理者として、Control Room のロールに割り当てられた Active Directory セキュリティ グループのマッピングを編集します。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

マッピング名が一意であり、複製できないことを確認します。既存のマッピング名でマップの名前を変更すると、同じ名前がすでに存在することを示すエラー メッセージが表示されます。マッピング名またはロールへの変更は、監査ログで更新されます。

手順

  1. [管理] > [ロール] の順に移動します。
  2. [Active Directory ロール マッピング] をクリックします。
  3. ロールの [アクション] アイコンの上にカーソルを移動させ、[ロール マッピングを編集] を選択します。
  4. ロール マッピングに必要な変更を指定します。
    [使用可能なロール] リストからロールを追加または削除して、ロールを編集します(Bot Insight ロールを除く)。Bot Insight ロールを割り当てると、サポートされていないロールが含まれているため、ロール マッピングを更新できないことを示すエラー メッセージが表示されます。
    注: 残りのフィールドは編集できません。
  5. [変更を保存] をクリックします。
LDAP 同期が実行されると、割り当てられたロールを持つすべてのユーザーが更新されます。
フィードバックを送る