Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room の既存のライセンスを再構成する

  • 更新済み: 10/29/2019
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Control Room の既存のライセンスを再構成する

Control Room のライセンスはいつでも再構成して更新できます。

新しいライセンス資格が追加された場合や間違った場合でも、Control Room の既存のライセンスを簡単に再構成できます。

以下の操作を実行します。

手順

  1. [Control Room] > [CR-1] の順に移動します。
  2. Control Room の既存のライセンスを再構成するには、[CR-1] を選択します。
    注: [CR名] はユーザーによって異なります。
  3. [再構成] を選択します。
  4. [はい] を選択して再構成を確認します。
  5. [編集] を選択します。
  6. 値を更新します。
    注: ファイルが構成中であるため、[CR-1] のステータスに [下書き] と表示されます。
  7. 新しく追加されたライセンス資格の [Bot Runner Unattended] の数を更新します。
  8. [保存 & 生成] を選択します。
  9. [はい] を選択して編集を確認します。
    注: A-People ライセンスにアクセスして、生成されたライセンスをダウンロードするリンクが埋め込まれた確認 E メールが送信されます。ライセンス ページが自動的に更新され、[CR-1] のステータスが「下書き」から「生成の待機中」に変わります。
  10. [更新] を選択し、[CR-1] のステータスを「アクティブ」に更新します。
  11. [CR-1] を選択して、Control Room のライセンス更新情報を表示します。
  12. [ダウンロード] を選択します。
    注: ダウンロードしたファイルは最新の「アクティブ」です。これで、ダウンロードしたファイルを Control Room の開発環境にインストールできます。
  13. [CR-1] を終了し、再構成が必要な [CR] ファイルにプロセスを繰り返します。
    注: Cloud Control Room を所有し、ファイル ライセンスを使用してクラウド ライセンスに変更したい管理者は、すべてのユーザー ライセンスを手動で無効にしてから、GUID インストールに進み、ユーザー ライセンスを再割り当てできます。
フィードバックを送る