Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

外部キー Vault 統合の設定

  • 更新済み: 6/03/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

外部キー Vault 統合の設定

Automation 360 は、CyberArk や AWS Secrets Manager など、サードパーティのキー Vault テクノロジーとの統合を実現します。

前提条件

AWS キー Vault 統合の前提条件

AWS キー Vault 統合の設定には、次の情報が必要です。

CyberArk 統合の前提条件

CyberArk 統合を設定するには、次の情報が必要です。

データベース接続、Active Directory 統合、Simple Mail Transport Protocol (SMTP) などのサービス用のプラットフォームで使用される資格情報は、統合された外部キー Vault から取得するように設定できます。

手順

  1. Automation 360 インストール ウィザードから、外部キー Vault を選択し、必要に応じて認証情報を入力します。
    外部キー Vault 認証設定
    [AWS Secrets Manager] AWS Secrets Manager の [領域]、[AWS キー]、および [秘密キー] を入力します。
    [CyberArk] [CyberArk エンドポイント URL]、[アプリケーション ID]、および [CyberArk CCP エンドポイントによって信頼された証明書] を入力します。
  2. [次へ] をクリックします。

次のステップ

アプリケーションのトランスポート レイヤー セキュリティの設定
フィードバックを送る