Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

bot をスケジュール設定する

  • 更新済み: 11/11/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

bot をスケジュール設定する

特定の時間に実行されるように bot をスケジュール設定します。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

Bot のスケジュールを管理します。

注: オートメーションは、次の場合うまくいきません:
  • bot の依存関係のいずれかが欠けている場合。
  • 実行ユーザーに依存関係に対するフォルダー権限がない場合。
  • [実行 + スケジュール] 権限がない場合。

手順

  1. [アクティビティ] > [スケジュール設定済] に移動します。
  2. [Bot を実行] をクリックします。
  3. [Bot をスケジュール設定] をクリックします。
  4. [名前] を入力します。
  5. オプション: 説明を入力します。
  6. bot のスケジュール設定の詳細を追加します。
    注: [開始日] の値は、常に現在の日付以降です。開始日が現在の日付である場合、スケジュールする時刻を現在の時刻よりも前にすることはできません。
    [オプション][定義]
    [一度実行] bot を指定した時刻に実行するには、次のように入力します。
    [開始日]
    デフォルト値は現在の日です。
    [開始時間]
    デフォルト値は、次の 30 分に切り上げられます。
    [タイム ゾーン]
    デフォルトの [タイムゾーン][PDT (UTC-7:00) ロサンゼルス、アメリカ] です。
    [繰り返し実行] bot を特定日の特定時刻に実行するようにスケジュールするには、次のように入力します。
    [開始日]
    デフォルト値は現在の日です。
    [終了日]
    フィールドのデフォルト値は空白です。
    [開始時間]
    デフォルト値は、次の 30 分に切り上げられます。
    [タイム ゾーン]
    デフォルトの [タイムゾーン][PDT (UTC-7:00) ロサンゼルス、アメリカ] です。
  7. bot を選択してスケジュールを設定します。
    使用可能な bots は、[入力値] と依存関係とともに表示されます。
  8. [選択可能な Bot Runner] のリストから Bot Runner ユーザーを選択します。
    デバイスを有効にするには、デバイスを Control Room に接続する必要があります。
    注: デバイスがリストに表示されていない場合、アクティブな Bot Runner セッションがデバイスで実行されていることを確認してください。
  9. 右矢印 () をクリックして、選択を追加します。
  10. [デバイスプール] を選択します。
    利用可能なデバイス プールのリストからプールを選択します。
  11. [Bot をスケジュール設定] をクリックします。
[Bot をスケジュール設定] オプションは、すべての必須項目 (bots、スケジュールの詳細、デバイスなど) を選択するまで無効のままです。
フィードバックを送る