Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アクティビティの完了履歴

  • 更新済み: 5/12/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

アクティビティの完了履歴

完了したすべてのアクティビティと、それに関する情報をリスト表示します。

完了したアクティビティ

正常に完了したかどうかにかかわらず、すべてのアクティビティがリスト表示されます。このページから、アクティビティを再実行して他のタスクを実行します。たとえば、テーブル内のデータを CSV 形式でエクスポートしたり、列をカスタマイズしたり、テーブル内のリストを更新したりできます。検索バーで検索パラメーターを適用します。

注: OR 演算子を使用して同じ列に検索パラメーターを指定します。複数の異なる列に検索パラメーターを指定すると、システムは AND 演算子を使用して検索します。
列に対して以下のアクションを実行します。
  • 列をクリックして昇順または降順にソートする。
  • ドラッグ アンド ドロップ操作を使用して、列を左右に移動する。
  • 列の末尾にマウス カーソルを合わせ、ドラッグして列のサイズを変更する。

表示される情報

[アクティビティ] テーブルには、以下のような情報が表示されます。
ステータス
アクティビティのステータス (不明、完了、失敗、停止、タイムアウトなど)。
項目名
項目の名前です。
デバイス名
Bot Runner マシンの名前。
Bot
bot の名前。
ユーザー
デバイスで特定のアクティビティやオートメーションを実行していたアカウントを所有するユーザーの名前。
開始日
アクティビティが開始した日時。
終了日
アクティビティが完了した日時。
最終更新日:
アクティビティが変更された日時。
更新者
最近、アクティビティを変更したユーザーの名前。

アクション

個々のアイテムをクリックして、以下のアクションを実行します。
表示
完了したアクティビティの詳細を表示します。
bot を実行
選択した bot を実行します。[実行] をクリックすると、bot の値がすべて入力された [すぐに bot を実行] ページが開きます。
ヒント: マウスを移動して [実行] アイコンをクリックし、アクティビティを再度実行します。

アクションは個々の項目レベルではなく、テーブル レベルでのみ実行する必要があります。

フィードバックを送る