Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アクティビティ

  • 更新済み: 12/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace

アクティビティ

進行中の自動化アクティビティを監視、一時停止、停止、再開し、キューに含まれるすべての Bot Runner (Attended またはUnattended) トリガー デプロイを表示します。

進行中のアクティビティ

ユーザーは、さまざまなプロセス アクティブティを監視できます。特定の bot を見つけるには、検索パラメーターを適用します。検索パラメーターは以下のとおりです。
ステータス
検索するステータスを選択します。オプションは次のとおりです。
  • アクティブ
  • 一時停止
  • 不明
  • 入力のため一時停止
  • 保留中の実行
  • キューに登録済み
現在のアクション
アクションを入力します。
現在の bot
bot 名を入力します。
bot
bot 名を入力します。
アクティビティ タイプ
タイプを選択します。オプションは次のとおりです。
  • bot を実行
  • キュー ファイルをインポート
  • キューを使用して bot を実行
キュー
検索条件を入力します。
デバイス
検索条件を入力します。

アクション ボタン

マウスを使用して、アクション アイコン (縦の 3 点リーダー) にカーソルを置くと特定の機能を確認できます。次のアクションを使用できます。
更新
内容を更新して、更新されたステータスを表示します。
チェック項目を一時停止
プロセスを一時停止します。
チェック項目を再開
プロセスの実行を再開します。
チェック項目を停止
プロセスを停止します。
チェック項目を履歴に移動
選択したアクティビティを履歴に移動します。
チェックしたアイテムを CSV にエクスポート
以下に基づいてデータを CSV ファイルにエクスポートします。
  • フィルター
  • 選択
列をカスタマイズ
特定の列を表示または非表示にします。
フィードバックを送る