Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

文字列データ型値のランクを表示する

  • 更新済み: 7/03/2020
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace

文字列データ型値のランクを表示する

最大回数または最小回数別に記録された、文字列データ型値を表示できます。これにより、bot でデータが正しく記録されたことを確認する機能が強化されます。

手順

  1. データ プロフィールを編集するダッシュボードを開きます。
  2. [プロフィール] タブをクリックします。
  3. [個別カウント] 列内の [ランク] をクリックします。
    [個別カウント]列には、変数によって記録された一意の値が表示されます。
    注: ランク オプションは、文字列データ型値を記録する変数のみで使用できます。メッセージが表示され、変数に記録された回数が最も多い 5 つの値が示されます。
  4. リストで [] を選択すると、変数に記録された回数が最も少ない 5 つの値が表示されます。
  5. リストからオプションを選択して、メッセージ ボックスに 5 個または 10 個の値を表示できます。
フィードバックを送る