Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

例: ビジネス情報 API を使用して Power BI で情報を取得

  • 更新済み: 6/30/2020
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace

例: ビジネス情報 API を使用して Power BI で情報を取得

Power BI コネクターを使用すると、Power BI から Bot Insight API にアクセスできるようになります。このタスクの例は、Bot Insight API から情報を取得し、Power BI でデータ可視化を構築する方法を示しています。

手順

  1. Power BI を開きます。
  2. [ナビゲーター] ウィンドウを開き、Control Room にログインしてアクセスする資格情報を入力します。
  3. [Display Options] メニューで、[fx Business Information] を選択します。
    APT ウィンドウが表示されます。
  4. [botName] フィールドに、bot の名前、または分析データを可視化するタスクを入力します。
    複数の bot 名を入力するには、各名前をコンマで区切ります。
    たとえば、SalesAPAC,SalesEMEA,SalesUS などです。
  5. [ページ番号] フィールドに、取得する行または記録のオフセット値を入力します。
    • ページ = 0、制限 = 1,000 の場合、0 ~ 1,000 の行が取得されます。
    • ページ = 1、制限 = 1,000 の場合、1,001 ~ 2,000 の行が取得されます。
  6. オプション: [fromDate] フィールドに、情報を取得したい日付を入力します。
    形式: yyyy-mm-dd、または yyyy-mm-ddTh:m:s.msz(2020-02-20T12:45:23.000z)
    注: 日付を入力しない場合、API は利用可能なデータをすべて返します。
  7. オプション: [toDate] フィールドに、情報を取得したい日付を入力します。
    形式: yyyy-mm-dd、または yyyy-mm-ddTh:m:s.msz(2020-03-21T15:45:32.000z)
    注: 日付を入力しない場合、API はデフォルトで現在の日付になります。
  8. [制限] フィールドに、取得する行または記録の数を入力します。
  9. [適用] をクリックします。
    Power BI は、データの可視化を表示します。
フィードバックを送る