Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot agent の自動ログイン サポート

  • 更新済み: 5/03/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Bot agent の自動ログイン サポート

自動ログインにより自動的にデバイスにログオンして、スケジュールされた自動化を実行し、自動化の実行後にデバイスを元のロック状態またはログオフ状態に戻します。

自動ログインは、以下のシナリオではデバイスを元の状態に戻します。
  • Control Room またはデバイスから自動化が停止または一時停止された場合。これにより、自動化が一時停止または停止してもマシンのセキュリティが危険にさらされることはありません。
    注: 自動化が再開されると、自動化はロックされたデバイスのバックグラウンドで引き続き実行されます。
  • 自動化の実行中にエラーが発生した場合。
次の表は、Bot agent デバイスでの自動ログインに固有のオペレーティング システム サポートを示しています。
SID番号 シナリオ Windows 2019 Windows 2016 R2 Windows 2012 R2 Windows 10 Windows 8 Windows 7
1 ユーザー セッションが確立されていません (ユーザーはログインしていません) 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンでのみサポート 未認定 未認定
2 ユーザー セッションが確立されました 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンでのみサポート 未認定 未認定
3 ユーザーがログインしましたが、画面がロックされました 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンでのみサポート 未認定 未認定
4 別のユーザー (デプロイに使用したデバイス ログイン ユーザーではない) がログインしています 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンでのみサポート 未認定 未認定
5 別のユーザーがログインし、画面をロックしています 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンでのみサポート 未認定 未認定
6 ユーザーの簡易切り替え 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない 仮想マシンには適用されない ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンでのみサポート 未認定 未認定
7 アクティブな RDP セッションはありません サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
8 ユーザーにはアクティブな RDP セッションがあります サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
9 ユーザーの RDP セッションが切断されました サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
10 ユーザーの RDP セッションがロックされています サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
11 別のユーザーのアクティブな RDP セッションがあります サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
12 別のユーザーの未接続のセッションがあります サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
13 別のユーザーのアクティブなセッションがあり、ロックされています サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象 サポート対象
  • 自動ログインは、64 ビット オペレーション システムでのみサポートされています。
  • 2 人の異なる自動ログイン ユーザーが関与するシナリオで試行する場合、自動ログインではルート管理者セッションをサインアウトできません。bot を導入する前に、必ず管理者ユーザー アカウントからログアウトしてください。
  • 上表のシナリオ 4、5、6 の場合、アクティブ ユーザーはログオフされ、bot を導入するためのデバイス資格情報を使用して新しいセッションが作成されます。
  • 自動ログインに失敗した場合は、[ローカル セキュリティ ポリシー] の設定を構成します。たとえば、Windows では、セキュリティ設定 > ローカル ポリシー > セキュリティ オプション の順に選択します。[対話型ログオン有効化]: [Ctrl +Alt + Del を必要としない] オプション。
フィードバックを送る