Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AARI Assistant について

  • 更新済み: 5/27/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • AARI
    • 概要

AARI Assistant について

Attended Bot Runner ユーザーは、Control Room にログインせずに AARI Assistant アプリケーションを使用して bots にアクセスできます。

Control Room の管理者は、Active Directory (AD) ドメインを選択して AD 環境の詳細を入力し、ロールとデバイス ライセンスを割り当てることで AD ユーザーを追加します。管理者は、ロールベースの特権、および botsBot Runner のレベルの権限を指定することにより、Control Room RBAC の導入を拡大できます。

Bot Runner ユーザーの Control Room RBAC は、さまざまな事業単位や事業部門のユーザーなど、事前に定義された基準に基づいて完全に分離します。これには、フォルダー レベルで適用される権限も含まれており、1 つの部門の bots が別の部門から完全かつシームレスに分離されます。

一般的なシナリオでは、重要なタスクを完了するために特定の bots をトリガーすることが、Attended Bot Runner ユーザーの日常業務の 1 つとなります。Control Room にサインインするプロセス全体に時間がかかる場合があります。AARI Assistant は、この労力を大幅に削減します。Bot agent がデバイスにインストールされている場合は、AARI Assistant のデスクトップ上に [スタート] メニュー アイコンとともにアプリケーション ショートカットも作成されます。

Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーは、このアプリケーションを起動し、AD 資格情報を使用してサインインし、利用可能な bots のリストを確認して、特定の bot を実行できます。

フィードバックを送る