Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

インタラクティブ フォームの使用

  • 更新済み: 9/11/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • AARI
    • 概要

インタラクティブ フォームの使用

インタラクティブ フォームは、Attended オートメーション プロセス内でさまざまなアプリケーションからの情報の送受信に使用するデータを送信および再グループ化するためのフォームを構築できるようにします。

インタラクティブ フォームは、bot をタスク ロジックとしてドラッグできるアクションのリストを提供します。各アクションにマウス オーバーすると、各アクションの特定の機能が表示されます。インタラクティブ フォーム内のアクションは、次のタイプに大別できます。

フォーム レベル アクション
表現元:[フォーム レベル アクション] アイコン およびタスク ロジック内でリンクしたフォームを管理するために使用されます。
要素レベル アクション
表現元:[要素レベル アクション] アイコン およびフォームの要素の管理に使用されます。

Automation 360 でインタラクティブ フォームを使用する方法については、次のビデオをご覧ください。

フィードバックを送る