Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

bots の操作

  • 更新済み: 1/11/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

bots の操作

割り当てられているライセンスと権限に応じて、さまざまな bot 操作を実行し、Control Room でプライベート ワークスペースとパブリック ワークスペースにアクセスできます。

ライセンス

Bot CreatorBot Runner の 2 種類のライセンス (Attended または Unattended) が利用可能です。

Automation 360 のライセンス

Bot Creator タスク

Bot Creator ユーザーは、Control Room ([Bot] > [マイ Bot] ページ) 内のプライベート ワークスペースとパブリック ワークスペースの両方にアクセスできます。このライセンスは、登録されたデバイスへのユーザー限定アクセスを提供します。その他のユーザーは、Bot Creator のデフォルト デバイスを使用することはできません。

Bot Creator ライセンスと特定の権限によって、次のタスクを実行できます:

また、TaskBot の編集、分析、保存、クローン、コンテンツの表示、削除、一時停止、停止もできます。

Bot Runner タスク

Bot Runner は、Control Room 内のパブリック ワークスペースにのみアクセスできます。bots を作成または編集することはできません。

Bot Runner ライセンスと特定の権限によって、次のタスクを実行できます:

TaskBot のコンテンツも表示できます。

パブリックおよびプライベート ワークスペース

Control Room にログインしているユーザーは、ライセンスに応じて、プライベート ワークスペースとパブリック ワークスペースにアクセスできます。

プライベート ワークスペース
Bot Creator ライセンスを持つユーザーは、プライベート ワークスペースにアクセスできます。このワークスペースは、主に bots の作成およびテストに使用されます。これにより、ユーザーはすべてのアクティビティを 1 つのプライマリ ロケーションで表示および管理できます。プライベート ワークスペースの Bots は、アクティビティを作成したユーザーのみが利用できます。
注: 管理者権限と Bot Runner ライセンスを持つユーザーは、botsを作成できないため、プライベート ワークスペースにアクセスできません。
パブリック ワークスペース
Bot Creator および Bot Runner ユーザーは、いずれもパブリック ワークスペースにアクセスできます。これは、bots を実行できる共有ワークスペースです。

Bot Runner ライセンスを持つユーザーは、Bot Creator ユーザーが作成した bots を実行できます。Bots によってプライベート ワークスペースに作成された Bot Creators は、フォルダーまたはファイル レベルで権限を定義することで、パブリック ワークスペースの特定の Bot Runner ユーザーが利用できるようになります。そのためには、ユーザーはまず、プライベート ワークスペースからパブリック ワークスペースに bot をチェックインする必要があります。

フィードバックを送る