Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

bot の実行に関する考慮事項

  • 更新済み: 2/01/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

bot の実行に関する考慮事項

bot の実行時には、特定の考慮事項に留意する必要があります。

  • Bot Creator は、 bot をデバイスにデプロイするか、RDP 接続を介してリモート マシンで bot を実行できます。
  • Bot Creator として bots をローカル マシンで実行する場合は、デバイスのログイン資格情報にユーザー名のみを入力します。パスワードは必要ありません。ユーザー名は、ローカル デバイスにログインした同じユーザーが bot をデプロイしていることを確認するために必要です。Google Chrome プラグインを使用してローカル マシンで bots を実行する場合もユーザー名が必要です。
  • Bot Runnerは、 bot を自分でデプロイするか、管理者によって割り当てられた run-as ユーザーを選択できます。bot は、デバイスを介して実行するか、デバイス プールのデバイスのリストから選択できます。デフォルト デバイスを上書きすることを選択した場合、 bot は、各 run-as ユーザーに対して、デバイス プール内の利用可能なすべてのデバイスで実行されます。
  • bot のランタイムを短縮するために、ローカル デバイスにパッケージをプリロードすることができます。

    デバイスごとに一度に 1 つのみの bot の実行がサポートされています。bot がデバイス上ですでに実行されている場合、同じデバイスで別の bot をデプロイすることはできません。

  • Bot editor から bot を実行している場合は、Control Room Web ブラウザを閉じると bot の実行が停止します。
フィードバックを送る