Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

TaskBot に作業項目テンプレートを添付する

  • 更新済み: 3/23/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

TaskBot に作業項目テンプレートを添付する

ワークロード自動化で TaskBot を使用する作業項目テンプレートを TaskBot に添付します。

TaskBot に作業項目テンプレートを添付する場合、キュー付きの Bot を実行 オプションを使用して bot を実行するときに、必要な業務量オートメーションの属性を含む変数 $WorkItem$ を使用できます。

Work Item変数を使用する

手順

  1. マイ Bot ページから TaskBot を作成または編集します。
    TaskBot が編集モードで開きます。
  2. ワークベンチの右上にあるメニューから 作業項目テンプレート を選択します。
    [作業項目テンプレート] のリストが表示されます。
  3. ワークロード自動化の要件に最適なテンプレートを選択します。
  4. 右矢印をクリックしてテンプレートを追加します。
    [作業項目テンプレートの属性] は、選択したテンプレートにリストされます。
  5. [保存] をクリックします。
  6. 次のいずれかのアクションを選択します。
    • [閉じる] をクリックして、[マイ Bot] ページに戻ります。
    • [エディターに戻る] をクリックして TaskBot の編集を続行します。
フィードバックを送る