Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ファイルとフォルダーのトリガーを追加

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • AARI
    • プロセス フロー

ファイルとフォルダーのトリガーを追加

ファイルとフォルダーのトリガーを使用して、作成、削除、名前変更、変更などの事前定義アクションがファイルまたはフォルダーに対して実行される場合に、bot を起動します。

この手順は、ユーザーが Sales update.xls の名前が付いたスプレッドシートを変更した場合に bot をトリガーするシナリオを想定したものです。

手順

  1. [BOT] > [マイ Bot] > [新規作成] > [Bot] の順にクリックします。
  2. bot の名前を入力します。
    すべての bots\Bots フォルダーに保存されます。フォルダーを変更するには [参照] をクリックします。
  3. [作成 & 編集] をクリックします。
  4. bot ビルダー ページで、[トリガー] > [ファイル & フォルダー] の順にクリックします。
  5. [ファイル トリガー][ここにトリガーをドラッグ] にドラッグします。
  6. [参照] をクリックして、Sales update.xls ファイルを選択します。
  7. [ファイルが次の場合に Bot を起動] ドロップダウン メニューから、[変更] を選択します。
    これによって bot のトリガーが設定されます。
  8. オプション: [割り当て先]ドロップダウン メニューを使用して、変数を割り当てます。
    注: [変数] タブを使用して変数を作成する場合は、[割り当て先 (オプション)] ドロップダウン メニューにその変数が表示されるように、[入力として使用] チェック ボックスが選択されていることを確認します。
    注: 変数を作成するための [割り当て先 (オプション)] ドロップダウン メニューの [変数アイコンを選択します]を使用する場合、[一定値 (読み取り専用)] チェック ボックスが選択されていないことを確認します。

    次のデータ セットは、変数を入力型として定義することで取得できます。この変数は、トリガーからの出力を取得するように割り当てることができます。

    • triggerType: ファイルまたはフォルダーのトリガー
    • eventType: トリガー イベントのタイプ

    [スキーマを設定] チェック ボックスが選択されている場合、非文字列変数型が返されるため、次のデータ セットは使用できません:

    • timeStamp: トリガーが発生した時刻。
      注: timeStamp 値を文字列変数にリンクさせて、トリガー データを取得します。

      たとえば、ユーザーが Sales update.xls ファイルを変更した場合に、トリガー イベントの日付と時刻を抽出すると想定します。タスク ロジック内の [メッセージ] アクションを使用して、[表示するメッセージを入力] フィールドに「Date Time- $recordVar[2]$」と入力します。

    • fromFolder: 親フォルダー パスの詳細
    • folder: イベントが発生したファイルまたはフォルダーのパスの詳細
  9. [保存] をクリックします。
  10. [実行] > [トリガーで実行] をクリックします。
    ユーザーが Sales update.xls を変更するたびに bot がトリガーされます。
フィードバックを送る