Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Universal Recorder でサポートされているアプリケーションとブラウザ

  • 更新済み: 6/10/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Universal Recorder でサポートされているアプリケーションとブラウザ

Universal Recorder を使用して、サポートされているテクノロジーのオブジェクトとのインタラクションを記録します。

アプリケーション
  • HTML アプリケーション
  • Java Runtime Environment (JRE) 6、7、8、9、10、および 11 (32 ビットおよび 64 ビット バージョン) を使用して実行する Java アプレット、Java Web Start、およびデスクトップ アプリケーション

    JRE 上で実行するアプリケーションのタスクの記録」を参照してください。

  • Microsoft Active Accessibility と UI オートメーション
  • Microsoft Silverlight バージョン 5 (標準の Microsoft コントロールのみ)
  • Oracle EBS およびフォーム
  • SAP バージョン730、740、750 パッチ 9、760 パッチ 5
  • Citrix Virtual Apps
  • Electron
ブラウザ
  • Google Chrome (バージョン 57 以降)

    Recorder packageからのactionsを含む bots を構築して実行するには、Recorder packageバージョンに対応する Google Chrome 拡張機能を有効にする必要があります。「Google Chrome ブラウザ拡張要件」を参照してください。

    Google Chrome ブラウザでタスクを自動化する bot を記録または実行しているときにエラーが発生し、Google Chrome がインストール済みの場合、追加のステップを実行してシステムを設定する必要があります。Google Chrome 拡張機能のトラブルシューティング」を参照してください。

  • Internet Explorer (バージョン 11)
  • Chromium ベースの Microsoft Edge (バージョン 79 以降)
    Microsoft EdgeRecorder package、バージョン 2.0.9-20201105-164103 以降でサポートされています。Microsoft Edge の場合、A2019 プラグインをインストールし、Task Manager で実行されていることを確認する必要があります。 Automation 360 extension for Microsoft Edge
    注: Google Chrome 拡張機能が Microsoft Edge ブラウザにインストールされていないことを確認してください。この設定により、記録エラーとランタイム エラーが発生することが理由です。 Microsoft Edge にインストールされている Google Chrome 拡張機能
  • Mozilla Firefox

    Mozilla FirefoxRecorder package、バージョン 2.0.11-20210128-034104 以降でサポートされています。Mozilla Firefox 用の A2019 拡張機能をインストールする必要があります。Automation 360 extension for Mozilla Firefox

デスクトップ
すべてのアプリケーションおよびブラウザ ウィンドウが最小化されている場合、デスクトップはデバイス画面を意味します。
タスクバー
タスクバーは、開いているアプリケーションやブラウザのアイコンと通知領域を含む水平または垂直のバーです。アプリケーション、ブラウザ、システム、およびその他のアイコン (時計、カレンダー、音量、Wi-Fi など) をキャプチャできます。
UI オブジェクト
Universal Recorder でキャプチャされたオブジェクトに対して実行されるアクション」を参照してください。

Universal Recorderをさまざまなアプリケーションで使用するためのデモについては、次のビデオをご覧ください。

フィードバックを送る