Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

レコーダーの使用を開始する

  • 更新済み: 1/07/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

レコーダーの使用を開始する

Automation 360 において、Universal RecorderAISense Recorder の 2 つのレコーダーを使用し、クリック、読み取り (データ抽出)、書き込み (データ入力) などのオブジェクトとのインタラクションの記録によってタスクを自動化できます。

統合された Recorder

バージョン 2.0.9-20201105-164103 以降では、Recorder packageには Universal RecorderAISense Recorder の両方が含まれています。これには次のメリットがあります。
  • 機能の更新はデルタ更新として配信されるため、最新の Recorder package の各リリースのダウンロードにかかる時間が短縮されます。
  • [記録を開始] アイコンは、両方のレコーダーの共通エントリ ポイントとして機能します。
注: AISense Recorder は、統合 Recorder package (バージョン A2019.17 以降) を含む bot を、バージョン A2019.16 以前のバージョンからのビルドを持つ Control Room にインポートするといった具合に手動で Recorder package バージョンをアップグレードすると失敗します。Recorder package は常に Control Room 経由でアップグレードしてください。.jar ファイルまたは bot のインポートによる手動アップグレードはしないでください。

タスクに使用するレコーダーの選択

bot の構築を開始する前に、要件に最も適したレコーダーを選択してください。

  • Universal Recorder を使用して、ブラウザ、HTML、Java、Microsoft、Oracle、SAP、または Windows アプリケーションのユーザー インターフェース オブジェクトとのやり取りを自動化します。bot を実行する際、オブジェクトを確実に見つけられない場合は AISense Recorder を使用します。
  • 以下のシナリオでは常に AISense Recorder を使用してください。
    • Citrix または同様のリモート デスクトップ テクノロジーを使用してソフトウェアにアクセスしています。
    • Delphi などのレガシー テクノロジーにおいて自動化しています。
フィードバックを送る