Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザーのデバイス資格情報の設定

  • 更新済み: 6/03/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

ユーザーのデバイス資格情報の設定

デバイスで bots を実行できるようにするには、ローカル デバイスの資格情報を設定します。

前提条件

Bot agent は、Control Room にデバイスを接続することにより、デバイス上で bots を実行できる軽量アプリケーションです。ローカル マシン上で bots を実行するには、Bot agent をインストールし、有効なホスト デバイスのリストにローカル デバイスを追加します。認証情報を編集する前に、ローカルデバイスを追加します。「デバイスの登録と Bot agent のインストール」を参照してください。

Community Edition ユーザーの場合、一度に 1 つの資格情報セットのみがプロフィールに含まれます。これらの資格情報は、bots を実行するデバイスに適用されます。使用する各デバイスがプロフィールの資格情報を受け入れることを確認します。

Automation 360 Cloud ユーザーには、登録したデバイスに異なる資格情報を適用するオプションがあります。

手順

  1. [デバイス] アイコンをクリックし、[資格情報を更新] を選択します。
  2. [デバイスのログイン資格情報] セクションで、デバイスの [ユーザー名] と [パスワード] を入力します。
    このデバイスから bot を実行するには、デバイスのログイン資格情報が必要です。
    注: Automation 360 を実行するまで、bot はデバイス ログイン認証情報を検証しません。

    ユーザー名がドメインの一部である場合は、domain\username の形式でドメインを含めます。通常、ホーム ユーザーは、特別に設定されていない限り、ドメインの一部ではありません。

  3. [更新] をクリックします。

次のステップ

初めての bot を作成
フィードバックを送る