Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

GO BE GREAT を構築 bot

  • 更新済み: 2/16/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

GO BE GREAT を構築 bot

[メッセージ ボックス] アクションと変数を使用して基本的な bot を構築します。これらのステップに従って、「Hello World!」の Automation Anywhere バージョンである「Go be great!」メッセージを印刷する最初の bot を作成してください。

前提条件

bot を構築するには、すでに以下の項目を実行している必要があります。

手順

すでに「初めての bot を作成」のステップを完了している場合は、ステップ 6 に進みます。

  1. 新しい bot を開きます。
    1. Control Room から、Bot > Bot の順に選択します。
    2. 新規作成 > Bot をクリックします。
    3. [TaskBot を作成] ウィンドウで、bot 名を入力します。
    4. デフォルトのフォルダー場所 [\Bots\] を受け入れます。
      bot の保管場所を変更するには、[選択] をクリックしてプロンプトに従います。
    5. [作成して編集] をクリックします。
  2. [メッセージ ボックス] actionを挿入します。
    1. [アクション] をクリックします。
    2. [Message Box] パッケージを検索します。
      [アクション] の検索ボックス内をクリックし、「message」と入力します。矢印をクリックして [Message Box] オプションを展開します。
    3. [メッセージ ボックス] actionをダブルクリックするか、Bot editor (右側の空き領域) にドラッグします。
  3. 右側のダイアログ ボックスで、[メッセージ ボックス] actionの条件を指定します。
    1. [メッセージ ボックスのウィンドウ タイトルを入力] フィールドに、「My first bot!」と入力します。
    2. [表示するメッセージを入力します] フィールドに、「Go be great!」と入力します。
    3. [行をスクロールバー表示] フィールド、および [メッセージ ボックスを閉じる秒数] チェックボックスのデフォルト値を受け入れます。
  4. [保存] をクリックします。
    これで bot を実行する準備ができました。
  5. bot をテストします。
    右上の [実行] をクリックします。
    bot は 「Go be great!」というテキストを含むメッセージ ボックスを表示します。

次の手順で、変数を設定し、メッセージ ボックスに挿入します。

  1. 変数を作成
    1. 左パネルのアコーディオン メニューから [変数] をクリックします
    2. [変数を作成] (+ 記号)をクリックします。
    3. 名前フィールドに vHelloWorld と入力します。
    4. 出力として [出力として使用] オプションを選択します。
    5. [デフォルト値] フィールドに Say Go be Great! with a variable と入力します。
    6. [作成] をクリックします。
  2. vHelloWorld 変数を [表示するメッセージを入力] フィールドに割り当てます。
    1. Bot editor の [メッセージ ボックス] actionをクリックします。
    2. ダイアログ ボックスで、[表示するメッセージを入力] フィールドからテキストを削除します。
    3. F2 キーを押すか、[変数を挿入] アイコンをクリックします。
      [変数を挿入] アイコンは、テキスト フィールドの右側にあります。
    4. ドロップダウン リストから「vHelloWorld」を選択します。
    5. [はい、挿入します] をクリックします。
  3. [保存] をクリックします。
  4. [実行] をクリックします。
    bot は「Say Go be Great! with a variable」テキストを使用してメッセージ ボックスを表示します。

次のステップ

bot を正常に実行した後、デスクトップ アプリケーションを使用する基本的な bot の構築 に進みます。

フィードバックを送る