Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

メッセージ ボックス action の使用

  • 更新済み: 5/07/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

メッセージ ボックス action の使用

[メッセージ ボックス] actionを使用して、タスクの実行時にメッセージが表示されるメッセージ ボックスを挿入します。

手順

  1. Actionsパレットの [メッセージ ボックス] パッケージから [メッセージ ボックス] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. メッセージ ボックスのウィンドウ タイトルを入力します。
  3. 表示するメッセージを入力します
    このフィールドには、最大 65535 文字の英数字、文字、空の値が格納されます。
  4. スクロールバーを表示する行数を指定します。
  5. オプション: [メッセージ ボックスを閉じる秒数] オプションを選択し、メッセージ ボックスが自動的に閉じるまでの秒数を指定します。
    重要: bot が Unattended (サーバーから実行を指示) マシンで実行される場合は、このチェック ボックスを選択します。
  6. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る