Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

SAP BAPI package

  • 更新済み: 7/13/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

SAP BAPI package

SAP BAPI packageには、SAP ビジネス アプリケーション プログラミング インターフェース (BAPI) を使用してタスクとプロセスを自動化するactionsが含まれています。BAPI は、サードパーティ アプリケーションを SAP システムと連携させる標準的な方法です。

開始前

利用可能なactions セットを使用する一環として、SAP BAPI package内で以下のactionsを実行します。
  1. [接続] actionを使用して、SAP アプリケーションとの接続を確立します。
  2. [関数を作成] actionを使用して、指定した SAP BAPI 関数のユーザー定義関数を作成します。

    [シーケンスを開始] オプションを選択して、プロセスの開始をマークし、続いてactionsでタスクを自動化します。

  3. [関数を実行] action を使用して、[関数を作成] アクションで作成した関数を実行します。

    [シーケンスを終了] オプションを選択してプロセスの終了をマークし、[トランザクションを確定] オプションを選択して変更をコミットします。

SAP BAPI packageActions

SAP BAPI packageには、以下のactionsが含まれています。

Action 説明
Connect Using Connect action for SAP BAPI」を参照してください。
関数を作成 SAP BAPI 関数のエイリアスを作成し、エイリアス名で保存します。エイリアス名を他の actions で使用して、それらの actions でその BAPI 関数を使用できます。
  • [セッション名] フィールドに、[接続] actionで SAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  • [関数のエイリアス名] フィールドに、BAPI 関数に使用するエイリアスを入力します。
  • [BAPI 名] フィールドに、エイリアスを作成する SAP BAPI 関数の名前を入力します。
  • 特定のシーケンスで BAPI を実行してプロセスの開始をマークする場合は、[シーケンスを開始] オプションを選択します。
フィールド値を取得 関数、テーブル、または構造から特定のフィールドのデータを取得します。
  • [BAPI 関数のエイリアス] フィールド に、[関数を作成] actionを使用して SAB BAPI 関数に指定したエイリアスを入力します。
  • 次のいずれかのオプションを選択して、関数、テーブル、または構造からデータを取得するかどうかを指定します。
    • [関数]: 関数からフィールドの値を取得できます。
    • [テーブル]: SAP BAPI 関数のテーブルからフィールドの値を取得できます。

      データの取得元の [テーブルのエイリアス] を指定する必要があります。

      [フィールドを取得] actionを使用して SAP BAPI 関数のテーブルからフィールドの値を取得するには、[テーブルを取得] actionを使用する必要があります。また、データの取得元の [テーブルのエイリアス] も指定する必要があります。

    • [構造]: SAP アプリケーションの構造からデータを取得できます。

      [フィールドを取得] actionを使用して SAP BAPI 関数の構造からフィールドの値を取得するには、[構造を取得] actionを使用する必要があります。また、データの取得元の [テーブルのエイリアス] も指定する必要があります。

  • [フィールド名] フィールドに、データの取得元のフィールド名を入力します。
  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  • [出力を変数に保存] フィールドで文字列変数を指定します。
構造を取得 関数エイリアスを使用して構造からデータを取得します。
  • [BAPI 関数のエイリアス] フィールド に、[関数を作成] actionを使用して SAB BAPI 関数に指定したエイリアスを入力します。
  • [構造名] フィールドに、データの取得元の構造名を入力します。
  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  • 次のいずれかのオプションを選択して、構造から取得したデータの保存方法を指定します。
    • [エイリアス]: 構造のエイリアスを指定し、別のactionsでそのエイリアスを使用できます。
    • [変数]: 構造から取得したデータをテーブル変数に格納できます。
テーブルを取得 関数エイリアスを使用してテーブルから表形式のデータを取得します。
  • [BAPI 関数のエイリアス] フィールド に、[関数を作成] actionを使用して SAB BAPI 関数に指定したエイリアスを入力します。
  • [テーブル名] フィールドに、データの取得元のテーブル名を入力します。
  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  • 次のいずれかのオプションを選択して、テーブルから取得したデータの保存方法を指定します。
    • [エイリアス]: テーブルのエイリアスを指定し、別のactionsでそのエイリアスを使用できます。
    • [変数]: テーブルから取得したデータをテーブル変数に格納できます。
関数の実行 SAP BAPI 関数を実行します。
  • [BAPI 関数のエイリアス] フィールド に、[関数を作成] actionを使用して SAB BAPI 関数に指定したエイリアスを入力します。
  • [シーケンスを終了] オプションを選択してプロセスの終了をマークし、[トランザクションを確定] オプションを選択して処理中に行った変更をコミットします。

    シーケンスを終了する場合は、[関数を作成] アクションから [シーケンスを開始] オプションを選択する必要があります。キューに登録済みのリモート機能コール (qRFC) を使用している場合は、[トランザクションを確定] オプションを選択して、行った変更をコミットする必要があります

  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
フィールド値を設定 関数エイリアスを使用して、関数、テーブル、または構造にデータを設定します。
  • [BAPI 関数のエイリアス] フィールド に、[関数を作成] actionを使用して SAB BAPI 関数に指定したエイリアスを入力します。
  • 次のいずれかのオプションを選択して、関数、テーブル、または構造にデータを設定するかどうかを指定します。
    • [関数]: 関数にデータを設定できます。
    • [テーブル]: SAP アプリケーションのテーブルにデータを設定できます。

      [フィールドを取得] actionを使用して SAP BAPI 関数のテーブルからフィールドの値を取得するには、[テーブルを取得] actionを使用する必要があります。データの設定先の [テーブルのエイリアス] を指定する必要があります。テーブルに新しい行を作成し、その行に値を設定する場合は、[新しい行を作成] オプションを選択することもできます。

    • [構造]: SAP アプリケーションの構造にデータを設定できます。

      [フィールドを取得] actionを使用して SAP BAPI 関数の構造からフィールドの値を取得するには、[構造を取得] actionを使用する必要があります。また、データの取得元の [構造のエイリアス] も指定する必要があります。

  • [フィールド名] フィールドに、データの設定先のフィールド名を入力します。
  • [フィールド値] フィールドに、設定する値を入力します。
  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
標準ワークフローの実行 SAP BAPI で標準ワークフローを実行できます。
  • [ワークフローを選択] オプションを使用して、[標準 BAPI セレクタ] ダイアログ ボックスからワークフローを選択します。
  • [BAPI にインポート] セクションには、選択したワークフローのインポート パラメーターが表示されます。アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) から [編集] オプションを選択してパラメーターの値を指定できます。
    • インポート パラメーターを使用する場合は、[含む] オプションを選択します。
    • [テーブル] タブを選択して、BAPI にインポートする値が格納されているテーブル変数を選択します。または、[文字列] タブを選択して値を手動で指定します。
  • [BAPI にエクスポート] セクションには、選択したワークフローのエクスポート パラメーターが表示されます。アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) から [編集] オプションを選択してパラメーターの値を指定できます。
    • エクスポート パラメーターを使用する場合は、[含む] オプションを選択します。
  • [テーブル] セクションには、選択したワークフローのエクスポートまたはインポート パラメーターとして使用できるテーブルが表示されます。アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) から [編集] オプションを選択してパラメーターの値を指定できます。
    • そのテーブルをエクスポートまたはインポート パラメーターとして使用する場合は、[含む] オプションを選択します。
    • テーブルをインポート パラメーターとして使用するには、[インポート] タブを選択し、テーブルをエクスポート パラメーターとして使用するには、[エクスポート] タブを選択します。
    • [テーブル] タブを選択して、BAPI にインポートする値が格納されているテーブル変数を選択します。または、[文字列] タブを選択して値を手動で指定します。
  • 特定のシーケンスで BAPI を実行してプロセスの開始をマークする場合は、[シーケンスを開始] オプションを選択します。
  • [シーケンスを終了] オプションを選択し、プロセスの終了点をマークします。
  • [トランザクションを確定] オプションを選択して、プロセス中に行われた変更をコミットします。
  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  • [エクスポートした構造とスカラーを保存] フィールドで、ディクショナリ変数を指定します。
  • [エクスポートしたテーブルを保存] フィールドで、ディクショナリ変数を指定します。
カスタム ワークフローを実行 SAP BAPI でカスタム ワークフローを実行できます。
  • [カスタム ワークフローを選択] リストから、実行するカスタム ワークフローを選択します。
  • [BAPI にインポート] セクションには、選択したワークフローのインポート パラメーターが表示されます。アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) から [編集] オプションを選択してパラメーターの値を指定できます。
    • インポート パラメーターを使用する場合は、[含む] オプションを選択します。
    • [テーブル] タブを選択して、BAPI にインポートする値が格納されているテーブル変数を選択します。または、[文字列] タブを選択して値を手動で指定します。
  • [BAPI にエクスポート] セクションには、選択したワークフローのエクスポート パラメーターが表示されます。アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) から [編集] オプションを選択してパラメーターの値を指定できます。
    • エクスポート パラメーターを使用する場合は、[含む] オプションを選択します。
  • [テーブル] セクションには、選択したワークフローのエクスポートまたはインポート パラメーターとして使用できるテーブルが表示されます。アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) から [編集] オプションを選択してパラメーターの値を指定できます。
    • そのテーブルをエクスポートまたはインポート パラメーターとして使用する場合は、[含む] オプションを選択します。
    • テーブルをインポート パラメーターとして使用するには、[インポート] タブを選択し、テーブルをエクスポート パラメーターとして使用するには、[エクスポート] タブを選択します。
    • [テーブル] タブを選択して、BAPI にインポートする値が格納されているテーブル変数を選択します。または、[文字列] タブを選択して値を手動で指定します。
  • 特定のシーケンスで BAPI を実行してプロセスの開始をマークする場合は、[シーケンスを開始] オプションを選択します。
  • [シーケンスを終了] オプションを選択し、プロセスの終了点をマークします。
  • [トランザクションを確定] オプションを選択して、プロセス中に行われた変更をコミットします。
  • [SAP BAPI セッション] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  • [エクスポートした構造とスカラーを保存] フィールドで、ディクショナリ変数を指定します。
  • [エクスポートしたテーブルを保存] フィールドで、ディクショナリ変数を指定します。
フィードバックを送る