Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

出力のマージ例

  • 更新済み: 10/20/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

出力のマージ例

[マージ] actionは、同じ列ヘッダーを持つ 2 つのテーブルのデータを結合し、マージしたコンテンツを 3 番目のテーブルまたは 2 つのソース テーブルのいずれかに格納します。これらの例は、同じ列ヘッダーを持つ 2 つのテーブルの出力と、異なる列ヘッダーを持つ 2 つのテーブルの出力を示しています。

同じ列ヘッダーを持つテーブルの出力

たとえば、9 月に雇用された従業員のテーブルと 10 月に雇用された従業員のテーブルがある場合、このオプションを使用すると、返される全従業員のテーブルでは、10 月採用の従業員が 9 月採用の従業員の下にマージされます。

テーブル 1: 9 月採用の従業員
従業員 部門 賃金率
ジョン 101 年 50
Jill 102 年 35
テーブル 2: 10 月採用の従業員
従業員 部門 賃金率
Mike 103 年 40
Betty 104 年 50
テーブル 3: 全従業員
注: 出力テーブルの列ヘッダーは常に小文字です。
従業員 部門 賃金率
ジョン 101 年 50
Jill 102 年 35
Mike 103 年 40
Betty 104 年 50

異なる列ヘッダーを持つテーブルの出力

この例では、2 番目のテーブルには異なる列ヘッダーがあります。結果として、第 3 のテーブルには、同じ列ヘッダーの下に第 1 のソース テーブルからの列と第 2 のソース テーブルからのデータが含まれ、その後に第 2 のソース テーブルからの同一でない列とデータが続くことになります。

テーブル 1: 9 月採用の従業員
従業員 部門 賃金率
ジョン 101 年 50
Jill 102 年 35
テーブル 2: 10 月採用の従業員
従業員 部門 給与
Mike 103 年 40
Betty 104 年 50
テーブル 3: 全従業員
従業員 部門 賃金率 給与
ジョン 101 年 50
Jill 102 年 35
Mike 103 年 40
Betty 104 年 50
フィードバックを送る