Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[セル アドレスを取得] actionを使用する

  • 更新済み: 2/18/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[セル アドレスを取得] actionを使用する

アクティブなセルの場所を取得して文字列変数に格納するには、[actionセル アドレスを取得] を使用します。このactionは .xlsx ファイルと .xlxm ファイルをサポートしています。

前提条件

[開く] actionを使用してワークシートを開きます。このactionを使用して列タイトル名に基づいてセル アドレスを取得するには、[開く] actionを構成するときに [ヘッダーを含む] オプションを選択する必要があります。

手順

  1. [アクション] パレットで Excel advanced ノードの [セル アドレスを取得] をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. セル アドレスを [アクティブなセル] から取得するか [ヘッダーに基づく] から取得するか選択します。
    オプションステップ
    アクティブなセル このオプションを選択すると、bot は現在アクティブなセルのセル アドレスを取得します。手順 5 に進みます。
    ヘッダーに基づく このオプションを選択すると、bot は、列タイトル名とセル位置によって指定されたセル アドレスを取得します。以下のフィールドに入力します。
    1. 列タイトルを入力: [開く] actionを使用してこのシートを開いたときに [シートにヘッダーを含む] オプションを選択した場合は、列名を入力します。たとえば、First Name と入力します。

      このオプションを選択しなかった場合は、デフォルトの列名を入力します。たとえば A と入力します。

      注: このフィールドでは大文字と小文字が区別されません。
    2. 列タイトルからのセルの位置を入力: ヘッダー セルとアドレスを取得するセルの間のセル数を入力します。最大 3 桁まで入力できます。

      たとえば、ヘッダー セルが B1 にある場合に、セル位置として 2 を指定すると、action は B3 を返します。

  3. セル アドレスを [アクティブなセル] から取得するか [特定のセル] から取得するか選択します。
    • [アクティブなセル] オプションを選択すると、bot は現在アクティブなセルのセル アドレスを取得します。手順 5 に進みます。
    • [特定のセル] を選択すると、bot は、列タイトル名とセル位置によって指定されたセル アドレスを取得します。以下のフィールドに入力します。
      • 列タイトルを入力: 列名を入力します。たとえば、Name と入力します。
        注: このフィールドでは大文字と小文字が区別されません。
      • 列タイトルからのセルの位置を入力: ヘッダー セルとアドレスを取得するセルの間のセル数を入力します。最大 3 桁まで入力できます。

        たとえば、ヘッダー セルが B1 にある場合に、セル位置として 2 を指定すると、action は B3 を返します。

  4. [アクティブなセルまたはユーザー指定のセルのアドレスをローカル変数に保存] フィールドで、文字列変数を作成するか、既存の文字列変数を挿入します。
    Control Room に、内容が分かるようなデフォルト変数名が表示されます。複数の出力変数を作成すると、重複を避けるために、後続の変数名に -1-2-3 などが追加されます。
  5. [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  6. [保存] をクリックします。

次のステップ

次に、セル操作に関連する actions の [特定のセル] フィールドにセル アドレスを含む文字列変数を挿入できます。「セル操作」を参照してください。
フィードバックを送る