Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[ファイルを暗号化] actionの使用

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[ファイルを暗号化] actionの使用

[ファイルを暗号化] actionを使用すると、安全に共有するファイルとフォルダーを準備できます。

前提条件

パブリック キーを使用してファイルまたはフォルダーを暗号化するには、[キーを作成] actionを使用してパブリック キーとプライベート キーのペアを作成します。

手順

ファイルまたはフォルダーを暗号化するには、次の手順に従います:

  1. [PGP] packageの [暗号化] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [パスフレーズ] または [パブリック キー ファイル] の暗号化タイプを選択します。
    • [パスフレーズ] を選択した場合、値を入力するか、資格情報変数を選択します。
    • [パブリック キー ファイル] を選択した場合、パブリック キーのファイル パスを入力します。
  3. 暗号化アルゴリズムを選択します。
    以下の言語から選択します。
    • AES128
    • AES192
    • AES256
    • Blowfish
    • CAST5
    • Idea
    • TripleDES
    • TwoFish256
  4. [元フォルダー/ファイル] フィールドで、暗号化するフォルダーまたはファイルを指定します。
    このフィールドでは、ファイル名と拡張子でワイルドカード文字を使用できます。1 つ以上の不明な英数字または記号をアスタリスク (*) で置き換えます。
    以下に例を示します。
    • 「encrypt」という語句で始まる .csv ファイルを選択するには、「C:\PGP\encryption*.csv」と入力します。
    • 任意の拡張子で「encrypt」という語句を含むファイルを選択するには、「C:\PGP\*encrypt*.*」と入力します。
  5. [宛先フォルダー/ファイル] フィールドで、暗号化したフォルダーとファイルを保存する場所を指定します。
    このフィールドでは、ファイル名と拡張子でワイルドカード文字を使用できます。1 つ以上の不明な英数字または記号をアスタリスク (*) で置き換えます。
  6. 宛先ファイルの拡張子に追加する値を入力します。
  7. 同じ名前のファイルが存在する場合にファイルを置き換えるには、[ファイルを上書き] チェック ボックスを選択します。
  8. 圧縮形式を選択します。
    以下の言語から選択します。
    • なし
    • zip
    • bzip2
    • zlib
  9. ASCII アーマー出力を有効にするには、[アーマー データ (テキスト出力)] チェック ボックスを選択します。
  10. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る