Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[送信トラップ] アクションの使用

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[送信トラップ] アクションの使用

SNMP エージェントから SNMP マネージャーにメッセージを送信するには、SNMP package[送信トラップ] actionを使用します。これらのメッセージは、システムの再起動など、特定のイベントが発生した際に SNMP エージェントから送信されます。

手順

  1. [Actions] パレットで、[SNMP] package[送信トラップ] action をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [エージェント] フィールドに、SNMP エージェントを使用できるデバイスの詳細を入力します。
  3. [SNMP バージョン] セクションで、使用する SNMP バージョンを指定するオプションを選択します。
    オプションアクション
    V1 [コミュニティ] フィールドで使用したいコミュニティ文字列を指定します。
    V2C [コミュニティ] フィールドで使用したいコミュニティ文字列を指定します。
    V3 [コミュニティ] フィールドで使用したいコミュニティ文字列を指定します。

    [認証レベル] リストからオプションを選択して、使用する認証レベルを指定します。

    • なし: 認証は使用されません。
    • 認証のみ 認証のみを使用できます。
      1. [認証方法] リストから [MD5] または [SHA] を選択して、使用する認証方法を指定します。
      2. [資格情報] を選択して、Credential Vault の値を使用するか、[変数] を選択して資格情報変数を使用するか、[安全でない文字列] を選択して、使用する値を手動で指定します。
    • 認証とプライバシー: 認証とプライバシーを使用できます。
      1. [認証方法] リストから [MD5] または [SHA] を選択して、使用する認証方法を指定します。
      2. [資格情報] を選択して、Credential Vault の値を使用するか、[変数] を選択して資格情報変数を使用するか、[安全でない文字列] を選択して、使用する値を手動で指定します。
      3. [プライバシー方法] リストから [DES] または [AES] を選択し、使用するプライバシー方法を指定します。
      4. [資格情報] を選択して、Credential Vault の値を使用するか、[変数] を選択して資格情報変数を使用するか、[安全でない文字列] を選択して、使用する値を手動で指定します。
  4. [オブジェクトID] フィールドで、詳細を取得するオブジェクトの ID を指定します。
  5. オプション: [認証 ID] フィールドに、通知を受け取る SNMP マネージャーの ID を指定します。
    重要: [SNMP バージョン] リストから [V3] を選択した場合は、[認証 ID] の値を指定する必要があります。
  6. [トラップタイプを選択] リストからオプションを選択し、送信するトラップのタイプを指定します。
    • Cold start: SNMP エージェントが構成テーブルを初期化したときに発生します。
    • Warm start: SNMP エージェントが構成テーブルを再初期化したときに発生します。
    • リンク ダウン: SNMP エージェントのネットワーク アダプターの状態が、アップからダウンへと変化したときに発生します。
    • リンク アップ: SNMP エージェントのネットワーク アダプターの状態が、ダウンからアップへと変化したときに発生します。
    • 認証の失敗: SNMP エージェントが、SNMP マネージャから無効なコミュニティ名のメッセージを受信したときに発生します。
    • EGP ネイバー ロス: SNMP エージェントが、外部ゲートウェイ プロトコル (EGP) のピアと通信できないときに発生します。
    • Enterprise specific: システムに特定のエラー条件とエラー コードが定義されている場合に発生します。ユーザーは、このオプションでトラップ別番号を提供します。
  7. [SNMP詳細オプション] セクションで、次のフィールドに入力します。
    • タイムアウト: エラーを生成する前に、actionが待機する時間をミリ秒単位で指定します。
    • リモート ポート: リモート デバイスのポート番号を指定します。
    • 再試行: アクションが詳細の取得を試行する最大回数を指定します。
  8. [結果] セクションで、オプションを選択します。
    • Control Room ファイル: Control Room にあるファイルを使用して結果を格納します。
    • デスクトップ ファイル: デバイスにあるファイルを使用して結果を格納します。
    • 変数: 結果の格納に使用するファイルの場所を指定するファイル変数を使用します。
  9. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る