Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[テキスト送信] アクションの使用

  • 更新済み: 5/07/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[テキスト送信] アクションの使用

テキスト送信 アクションを使って、テキストを端末に送信できます。このアクションでは、テキストの後で事前定義のキーを送信して、テキストの後で端末で実行することもできます。このアクションを使用して、端末タイプ TN3270E、TN5250E、ANSI、VT100 と接続を確立できます。

端末にテキストを送信するには、次の操作を実行します。

手順

  1. アクションパレットの 端末エミュレーター ノードから、テキスト送信アクションをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [端末エミュレーター] フィールドの [接続] アクションを使って、端末との接続を確立するのに使用したセッションの名前を入力します。
  3. 端末に送信する テキスト を指定します。
    1. 資格情報 タブをクリックして、Credential Vault から項目を選択します。
    2. 変数 タブをクリックして、送信するテキストを含んだ変数を使用します。
  4. テキスト送信後にキーを送信する場合は、上記テキスト送信後にキーを送信 チェックボックスを選択します。
    1. リストから送信するキーを選択します。
    2. 送信キー コマンド後の遅延 フィールドに値を入力して、選択したキーが送信されるまでシステムが待機すべき期間 (ミリ秒単位) を指定します。
  5. 端末にプロンプトまたは特定のテキストが表示されるまでシステムを待機させる場合、テキストまたはプロンプトが表示されるまで待つ チェックボックスを選択します。
    1. 端末にプロンプトが表示されるまでシステムを待機させる場合、プロンプト オプションを選択します。
    2. 端末に特定のテキストが表示されるまでシステムを待機させる場合、テキスト オプションを選択します。
      スクリーンに表示するテキスト値 フィールドに、端末に表示させるテキストを入力する必要があります。
    3. 選択したキーを送信する前に、端末にプロンプトまたは特定のテキストが表示されるまでシステムを待機させる場合、テキストまたはプロンプトが表示されるまでキー送信を待つ チェックボックスを選択します。
    4. 選択したキーを送信した後に、端末にプロンプトまたは特定のテキストが表示されるまでシステムを待機させる場合、キー送信後にテキストまたはプロンプトが表示されるまで待つ チェックボックスを選択します。
    5. プロンプトまたはテキスト表示のタイムアウト フィールドに値を入力して、操作がタイムアウトするまでシステムが待機すべき時間 (ミリ秒単位) を指定します。
  6. [値を変数に割り当てる] リストで文字列変数を選択します。
フィードバックを送る