Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[実行] action の使用例

  • 更新済み: 3/05/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[実行] action の使用例

値を実行して 1 つ以上の子 bots に渡すには、[TaskBot] packageの [実行] actionを使用します。この例では、[実行] actionを使用して、親 bot から子 bot に値を 2 つ渡します。子 bot は値を合算し、親 bot に合計を返します。

この例では、以下を実証します。
モジュラー化
モジュラー化は 1 つの TaskBot を複数の bots に分離します。各 bot は、大きいタスク内の特定の機能を 1 つ実行するのに必要なすべての actions で構成されます。
この例では、値を追加するために子 bot を 1 つ作成します。異なる算術演算を実行する複数の子 bots を作成し、親 bot を編集して、使用する子を呼び出すこともできます。
再利用性
bot を一度構築すると、その bot を使用して多数のプロセスを自動化できます。
bot には、値を追加して親 Message Box に出力するために必要なactionsだけが含まれます。また、bot は、ハードコード値ではなく 2 つの変数を追加します。したがって、この bot は加算演算が必要なタスクで再利用できます。
データ制御
bot は変数のみを使用して値の受け渡しをするので、データは保持しません。そのため、データ漏洩の可能性が最小限に抑えられます。

手順

現在のタスクから TaskBot を実行するには、以下の手順に従ってください:

bot を構築します。

  1. 新しい bot を開きます。
    1. Automation Anywhere の Web インターフェースから、Bot > マイ Bot の順に選択します。
    2. [Bot を作成] をクリックします。
    3. bot の名前を AddChildBot と入力します。
    4. フォルダーの場所を Bots\TaskBotExample と入力します。
      bot の保管場所を変更するには [選択] をクリックし、プロンプトに従います。
    5. [作成して編集] をクリックします。
  2. 以下の変数を作成します。
    • v1: 数値型; 入力として使用
    • v2: 数値型; 入力として使用
    • nSum: 番号タイプ
    • sSum: 文字列型; 出力として使用
  3. 数字 > 割り当て actionを使用して算術演算を実行します。
    1. 数字 > 割り当て actionをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [ソースの文字列変数/値を選択] フィールドに式「$v1$ + $v2$」を入力します。
    3. [ターゲットの数字変数を選択します] リストから「nSum」を選択します。
  4. 数字 > 文字列に変換 action を使用して値を変換し、Message Box に出力できるようにします。
    1. 数字 > 文字列に変換 action をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [数字を入力] フィールドに式「$nSum$」を入力します。
    3. [出力を変数に割り当てる] リストから [sSum] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックします。

bot を構築します。

  1. 新しい bot を開きます。
    1. Automation Anywhere Web インターフェースで、Bot > マイ Bot の順に選択します。
    2. [Bot を作成] をクリックします。
    3. bot の名前を MathBot と入力します。
    4. フォルダーの場所を \Bots\TaskBotExample と入力します。
      bot の保管場所を変更するには [選択] をクリックし、プロンプトに従います。
    5. [作成して編集] をクリックします。
  2. [任意] サブタイプのディクショナリ変数を作成して「dSums」という名前を付け、子 bot から渡された値を受け入れます。
    [任意] サブタイプを使用すると、親 bot が文字列、数値、Boolean 型の値を受け取れるようになります。
  3. TaskBot > 実行 action を挿入して、算術演算の値と、合計を保持する出力変数を指定します。
    1. TaskBot > 実行 action をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [参照] をクリックして Bots\TaskBotExample\AddChildBot に移動します。
    3. [入力値] フィールドに以下の値を入力します。
      • v1: 12 年
      • v2: 54 年
    4. [出力を変数に割り当てる] リストから [dSums] を選択します。
      注: ディクショナリ変数を使用して、[実行] actionの出力を保持し、親 bot の汎用性を高めます。そうすることで、親 bot は、単一の値を返すか、複数の値を返すかにかかわらず、異なる子 bots を処理できます。
  4. Message Box を使用して合計を取得して出力します。
    bot から取得された変数 sSum はディクショナリ変数 dSums 内のキーです。
    注: bot から子 bot を抽出するには、子 Bot の変数を知っておく必要があります。インターフェースでは、変数名は親 bot に自動的にインポートされません。
    1. [メッセージ ボックス] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [表示するメッセージを入力] フィールドに $dSums{sSum}$ と入力します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. [実行] をクリックします。
    bot が実行し、Message Box に合計値 66 が表示されます。
フィードバックを送る