Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

PDF プロパティのディクショナリ変数の使用

  • 更新済み: 6/03/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

PDF プロパティのディクショナリ変数の使用

PDF 関連のタスクを自動化する場合、RPA Workspace はファイルのさまざまなプロパティを取得し、これらのプロパティの値をディクショナリ変数に格納します。

RPA Workspace は、PDF のファイル名と拡張子、タイトル、件名、作成者を取得します。ファイル プロパティは、以下のキー内のディクショナリ変数に格納されます。
  • pdfTitle
  • pdfFilename
  • pdfSubject
  • pdfAuthor
適切なディクショナリ キーが PDF のプロパティに自動的に関連付けられます。

たとえば、Test というディクショナリ変数を作成し、ファイル名と作成者をログに記録する場合は、適切なフィールドに「Test{pdfFilename}」と「Test{pdfAuthor}」を入力する必要があります。

フィードバックを送る