Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

マージ actionの使用

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

マージ actionの使用

両方のソース テーブルに同じ列ヘッダーが含まれている場合、[マージ] actionを使用して、2 つのテーブルの内容を組み合わせます。異なる列ヘッダーが含まれているテーブルを組み合わせるには、[結合] actionを使用します。

テーブルの 1 つが同一でないヘッダーを含む場合、マージされたテーブルでは、同じ列ヘッダーの下に第 1 のソース テーブルからの列と第 2 のソース テーブルからのデータが含まれ、その後に、第 2 のソース テーブルからの同一でない列とデータが続くことになります。

手順

コンテンツをマージするには、次のステップを実行します。

  1. データ テーブル > マージ の順にダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [1 つ目のデータ テーブル名を入力] リストから使用する最初のテーブル変数を選択します。
  3. [2 つ目のデータ テーブル名を入力] リストから使用する 2 番目のテーブル変数を選択します。
  4. [マージするデータ テーブル名を入力] リストからマージしたデータの格納に使用するテーブル変数を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
詳細については、「出力のマージ例」をご覧ください。
フィードバックを送る