Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[キーストローク] アクションの使用

  • 更新済み: 12/10/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[キーストローク] アクションの使用

[キーストローク] actionを使用すると、キーストロークのシミュレーションを行うことができます。

手順

[キーストローク] actionを追加するには、次の手順に従います。

  1. [Actions] パレットの [ キーストローク] packageの [キーストローク] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. オブジェクトをキャプチャするウィンドウを指定します。
    [アプリケーション]、[ブラウザ]、または [変数] タブから選択します。
    オプション説明
    アプリケーション: 現在アクティブなウィンドウのリストから選択します。このオプションは、Bot Creator デバイスで開いているすべてのアプリケーション ウィンドウとブラウザ ウィンドウのリストを表示します。
    ブラウザ Bot Creator デバイスで現在開いている Google Chrome タブのリストから選択します。
    注: 現在、このオプションは Google Chrome のタブのみをサポートしています。その他のブラウザについては、[アプリケーション] オプションを使用します。
    変数: 既存のウィンドウ変数を選択して、アプリケーション ウィンドウ タイトルのタイトルを指定します。

正規表現 (regex) を使用して、ウィンドウ タイトルを識別できます。各正規表現条件の [文字列] または [パターン] として正規表現を選択し、値を入力します。デフォルトでは、[ウィンドウ タイトル] フィールドで大文字と小文字が区別されます。[大文字と小文字を区別しない] 正規表現フラグを有効にして、大文字と小文字を区別しないウィンドウ タイトルを識別できます。

たとえば、((\w*)-Notepad で始まるすべてのウィンドウ タイトル名には ((\w*)-Notepad として文字列値を入力できます。または、((\w)\s)*document-Notepad といった [パターン] を、このパターンに一致するウィンドウ タイトルにのみ使用します。

  1. オプション: [ウィンドウのサイズ変更] オプションを選択して、ウィンドウの寸法を指定します。
    このオプションによって、より信頼性の高い bot を実現できます。これによってウィンドウのサイズは、タスクが記録されたディメンションに変更されるため、Bot におけるターゲット オブジェクトの識別能力が高まります。
    • タスクを記録する時にウィンドウが最大化されている場合、このオプションは選択されていません。
    • タスクを記録する時にウィンドウが最大サイズでない場合、このオプションはデフォルトで選択されており、幅と高さのフィールドはウィンドウの寸法で自動入力されます。
    注: このオプションは、サイズ変更可能なウィンドウに対してのみ使用できます。これは [デスクトップ] オプション、[タスクバー] オプションのいずれでも使用できません。
  2. [キーストローク] で、ラジオボタンを選択します。
    • キーボード操作で入力するか、画面上のキーボードを使用して入力します: 物理キーボードまたは画面上のキーボードを使用してキーストロークを入力します。
    • 資格情報を選択: Credential Vault に保存されているパスワードを使用します。
  3. 任意 [各キーボード操作間の遅延 (ミリ秒)]フィールドに遅延時間を入力します。
    注: デフォルト値は 10 ミリ秒に設定されています。
  4. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る