Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[結合] アクションを使用する

  • 更新済み: 10/14/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[結合] アクションを使用する

2 つのテーブル変数の内容を組み合わせるには、[結合] アクションを使用します。このアクションを使用すると、テーブル内にある特定の列の共有値に基づいて内容を組み合わせて、その内容を 3 番目のテーブル変数か、2 つのソース テーブルのいずれかに格納できます。

2 つのテーブル変数の内容を結合するには、以下の手順に従ってください。

手順

  1. データ テーブル > 結合 の順にダブルクリックまたはドラッグします。
  2. 使用する最初のテーブル変数を [1 つ目のデータ テーブル名を入力] リストから選択します。
  3. 最初のテーブル変数から、結合するデータが含まれている列の名前を入力します。
  4. 使用する 2 番目のテーブル変数を [2 つ目のデータ テーブル名を入力] リストから選択します。
  5. 2 番目のテーブル変数から、結合するデータが含まれている列の名前を入力します。
  6. オプションを選択して結合の種類を指定します。詳細については、「結合の種類の出力例」をご覧ください。
    • 内部結合: 両方のテーブルの選択した列に一致する値があるレコードだけを返します。
    • 左外部結合: 1 つ目のテーブルからすべてのレコードを、2 つ目のテーブルから一致したレコードを返します
    • 右外部結合: 2 つ目のテーブルからすべてのレコードを、1 つ目のテーブルから一致したレコードを返します
    • 全外部結合: 左または右のテーブルに一致するレコードがあった場合、すべてのレコードを返します
  7. [結合するデータ テーブル名を入力] リストから、結合した値を格納するテーブル変数を選択します。
  8. [値を変数に割り当てる] リストで文字列変数を選択します。
フィードバックを送る