Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

テキスト取得アクションの使用

  • 更新済み: 5/06/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

テキスト取得アクションの使用

[テキスト取得] アクションを使用して、端末からテキストを取得し、文字列変数に保管します。このアクションでは、最終行、全行、または行範囲からのテキストを取得できます。このアクションを使用して、端末タイプ TN3270E、TN5250E、ANSI、VT100 と接続を確立できます。

端末からテキストを取得するには、次の操作を実行します。

手順

  1. [アクション]パレットの [端末エミュレーター] ノードから、[テキスト取得]アクションをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [端末エミュレーター] フィールドの [接続] アクションを使って、端末との接続を確立するのに使用したセッションの名前を入力します。
  3. [テキスト取得] リストからオプションを選択して、テキストを取得する元の行を指定します。
    • 最終行: ターミナルの最終行からテキストを取得します。
    • すべての行: 端末のすべての行からテキストを取得します。
    • 行の範囲: 端末の行の指定範囲からテキストを取得します。[開始行][終了行] フィールドに値を入力して範囲を指定する必要があります。
      注: 1 ~ 999 の値を指定できます。
  4. [値を既存の変数に割り当てる] リストから文字列変数を選択して、取得したテキストを変数に割り当てます。
  5. [値を変数に割り当てる] リストで文字列変数を選択します。
フィードバックを送る