Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

テーブルをフィルター アクションの使用

  • 更新済み: 1/15/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

テーブルをフィルター アクションの使用

テーブルをフィルター アクションを使って、テーブルの列からデータをフィルターします。

テーブルのデータをフィルターするには、次の操作を実行します。

手順

  1. アクション パレットの Excel ノードから テーブルをフィルター アクションをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. テーブル名 フィールドでデータをフィルターする元のテーブルの名前を指定します。
    注: テーブル名は文字列値です。これはデータ テーブル名ではありません。Excel テーブル名の取得方法については、Rename an Excel table を参照してください。
  3. 列名 を選択してフィルターするデータを含む列の名前を指定するか、列の位置 を選択して列の位置を指定します。
  4. 指定した列に数値データが含まれている場合は、数値 オプションを選択します。
    1. リストからオプションを選択して、データのフィルターに使用する演算子を指定します。
      次のオプションが選択できます。
      • 等しい: 指定した値と等しいデータをフィルターします。
      • 等しくない: 指定した値と等しくないデータをフィルターします。
      • より大きい (>): 指定した値より大きいデータをフィルターします。
      • 以上 (>=): 指定した値以上のデータをフィルターします。
      • より小さい (<): 指定した値より小さいデータをフィルターします。
      • 以下 (<=): 指定した値以下のデータをフィルターします。
      • 範囲: 指定した 2 つの値の間のデータをフィルターします。
      注: 範囲 オプション以外は、2 番目のフィールドに値を入力する必要はありません。2 番目のフィールドに値を入力した場合、データをフィルターする際にシステムはその値を無視します。
  5. 指定した列にテキスト データが含まれている場合は、テキスト オプションを選択します。
    1. リストからオプションを選択して、データのフィルターに使用する演算子を指定します。
      次のオプションが選択できます。
      • 等しい: 指定した値と等しいデータをフィルターします。
      • 等しくない: 指定した値と等しくないデータをフィルターします。
      • 次の値で始まる: 指定した値で始まるデータをフィルターします。
      • 次の値で終わる: 指定した値で終わるデータをフィルターします。
      • 次の文字を含む: 指定した値を含むデータをフィルターします。
      • 次の文字を含まない: 指定した値を含まないデータをフィルターします。
  6. [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  7. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る