Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[会議を作成] アクションを使用する

  • 更新済み: 5/05/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[会議を作成] アクションを使用する

会議の議題、添付ファイル、出席者、期間、場所、繰り返し、タイトルを指定するには、[会議を作成] actionを使用します。実行中、このactionは会議参加者に招待メールを送信します。

前提条件

このactionは日時変数を 2 つ使用して、会議の開始と終了を設定します。開始する前に値を定義します。繰り返しオプションも日時変数を 2 つ使用して、開始と終了を設定します。詳細については、「変数 (ユーザー定義)」をご覧ください。
会議を作成するには、以下の手順に従ってください。

手順

  1. [接続] actionで使用したセッション名を入力します。
  2. カレンダー名を入力します
    このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。
    自動入力される値はカレンダーで、これはデフォルトの Office 365 設定です。
  3. 開始の開始日時を指定します。
    ドロップダウン リストから日時変数を選択します。
  4. 会議の終了日時を指定します。
    開始時刻と同じか開始時刻後の値で日時変数を選択します。
  5. オプション: [終日会議] オプションを選択します。
    終日の会議では、開始日と終了日に 1 日差があることを確認してください。
  6. 同席者の E メール アドレスをコンマで区切って入力します。
  7. オプション: 次の詳細を入力します。
    • Control Room またはデスクトップからファイルを添付するか、ファイル変数を挿入します。
    • 会議のタイトルを入力します。
    • 会議の場所を入力します。
    • 議題を入力します。
    • リマインダーを設定します。
    • 以下のオプションを使用して繰り返しを設定します。
      • 繰り返しタイプ: [日次][週次][月次][年次] から選択します。
        • [週次] の繰り返しの場合は、会議を開催する曜日を選択します。
        • [月次] の繰り返しの場合は、数値の日付を入力するか日を選択します。
          たとえば、毎月 25 日に会議をスケジュールするには、[特定の日付] フィールドに「25」と入力します。
          注: [特定の日付] フィールドに「31」と入力すると、31 日がない月の会議は、その月の最終日にスケジュールされます。
          月の最終月曜日に会議をスケジュールするには、[出現] ドロップダウン リストから [最終] を選択して、[曜日] ドロップダウン リストから [月曜日] を選択します。
        • [年次] の繰り返しの場合は、数値の日付と月を入力するか、日と月を選択します。

          たとえば、3 月 15 日に開催する会議をスケジュールする場合は、[特定の日付] フィールドに「15」と入力し、[] フィールドに「3 月」と入力します。3 月の第 2 金曜日に会議をスケジュールするには、[出現] ドロップダウン リストから [第 2 週]を選択し、[曜日] ドロップダウン リストから [金曜日]、[]ドロップダウン リストから [3 月] を選択します。

      • 繰り返しの頻度を入力します。
      • ドロップダウン リストから日時変数を選択して繰り返しの開始日時を指定します。
      • 繰り返しに終了日がある場合は、ドロップダウン リストから日時変数を選択します。
フィードバックを送る