Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[待機] アクションの使用

  • 更新済み: 5/12/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[待機] アクションの使用

[待機] アクションを使って、ターミナルで特定の条件が満たされるまでの遅延を導入します。このアクションを使用すると、特定のテキストがスクリーンに表示されたり、カーソルが特定の場所に移動したりするまで、次のアクションの実行を保留できます。このアクションを使用して、端末タイプ TN3270E、TN5250E、ANSI、VT100 と接続を確立できます。

ターミナルで特定の条件が満たされるまで待機するには、次の手順を実行します。

手順

  1. [アクション] パレットの [端末エミュレーター] ノードから、[待機] アクションをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [端末エミュレーター] フィールドの [接続] アクションを使って、端末との接続を確立するのに使用したセッションの名前を入力します。
  3. [ターミナル イベント] リストからオプションを選択して、満たされるまでシステムが待機すべき条件を指定します。
    下表は、リストに表示されるオプションと、各オプションに必要な入力に関する情報を説明しています。
    オプション必要な入力
    テキストが表示されるまで待つ [テキスト] フィールドで指定したテキストが端末のスクリーンに表示されるまで待機する。
    テキストが表示されなくなるまで待つ [テキスト] フィールドで指定したテキストが端末のスクリーンから消えるまで待機する。
    カーソルが所定の位置に移動するまで待つ [移動先行] および [移動先列] フィールドで指定した位置にカーソルが移動するまで待機する。
    注: カーソルを設定する行と列の番号を指定するには、1 ~ 999 の値を入力します。
    カーソルが所定の位置から移動するまで待つ [移動元行] および [移動元列] フィールドで指定した位置からカーソルが移動するまで待機。
    注: カーソルを設定する行と列の番号を指定するには、1 ~ 999 の値を入力します。
    スクリーンが空白になるまで待つ 入力は必要ありません。
    スクリーンにテキストが表示されるまで待つ [テキスト] フィールドで指定したテキストが端末のスクリーンで使用できるようになるまで待機する。
    ターミナルプロンプトが表示されるまで待つ 入力は必要ありません。
    ターミナルがレディー状態になるまで待つ 入力は必要ありません。
  4. [どのくらい待ちますか?] フィールドに値を入力して、操作がタイムアウトするまでシステムが待機する期間 (ミリ秒単位) を指定します。
  5. [値を変数に割り当てる] リストで文字列変数を選択します。
フィードバックを送る