Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

SOAP Web Service package

  • 更新済み: 9/21/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

SOAP Web Service package

SOAP Web Service package[SOAP Web サービス] actionを使用すると、2 つのシステム間での情報へのアクセスと XML 形式での情報のやり取りを行うことができます。

SOAP Web サービスでは、次のアクションを実行できます。

  • 追加のビジネスプロセス用の構造化データ (通貨換算、気象通報、言語翻訳など) を提供するために記述された SOAP Web サービスを使用します。
  • 基盤となるインフラストラクチャの要件に関係なく、さまざまな既存のアプリケーションやさまざまなプラットフォームに接続する。

SOAP Web サービスは、クライアントまたはアプリケーションとインターネットの間での完全な相互運用性を確立し、WSDL (Web Services Description Language)、SOAP (Simple Object Access Protocol)、UDDI (Universal Description Discovery and Integration) などの XML ベースのオープン標準規格をサポートします。

値の安全な受け渡し

Credential Vault から Web サービスに値を安全に渡すには、サポートされている次の action フィールドに locker、資格情報、および属性を指定します。
  • カスタム ヘッダー
  • パラメーター (操作)
  • 生データ: パラメーター全体を値として含む Credential Vault 値を選択する必要があります。

プロキシ サポート

デバイスがプロキシで構成されている場合、このpackageからのすべてのアウトバウンド リクエストはプロキシ サーバー経由でルーティングされます。「プロキシを介した Bot agentとデバイスの接続」を参照してください。

注: SOAP Web Service actionの使用に関するタスクの例は、[SOAP Web サービス] アクションの使用例 を参照してください。
フィードバックを送る