Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[Recorder] パッケージ

  • 更新済み: 6/07/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[Recorder] パッケージ

[Recorder] パッケージの [キャプチャ] アクションを使用すると、テキスト ボックス、ボタン、テーブル、メニュー、オプション ボタン、コンボ ボックス、チェック ボックス、リスト ビュー、リンク、ツリー、ページ タブなどのユーザー インターフェース (UI) オブジェクトのインタラクションをキャプチャできます。Version 11.3 以降、[キャプチャ] アクションは、[オブジェクト クローニング] コマンドを置き換えます。

[キャプチャ] actionを使用すると、botを構築するときに 1 つの操作を追加できます (プロセスを記録しているときに 1 つのステップを実行し忘れた場合など)。「[キャプチャ] actionの使用」を参照してください。一般的な使用例については、「ワークシートから Web フォームへのデータ入力例」を参照してください。

複数のステップで構成されるプロセスを記録するには、「Universal Recorder でのタスクの記録」を参照してください。Universal Recorder機能の詳細については、オブジェクトベースの自動化向けの Universal Recorderを参照してください。

このアクションを使用できるアプリケーションとブラウザのリストについては、「Universal Recorder でサポートされているアプリケーションとブラウザ」を参照してください。
注: Internet Explorerからオブジェクトをキャプチャする bot を実行しているときにエラーが発生し、エラー メッセージが Google Chrome に関する場合、「IE の既知の制限事項 (People ログインが必要)」を参照してください。

オブジェクトのプロパティ

キャプチャするオブジェクトを選択すると、実行時にオブジェクトを特定するために、Universal Recorder によってオブジェクトのプロパティのデータが収集されます。オブジェクト プロパティで以下の操作を実行できます。
  • キャプチャしたオブジェクト プロパティが意図したオブジェクトと一致することを確認します。

    たとえば、Web サイトからテーブルをキャプチャする際は、[コントロール タイプ] と [HTML タグ] の値が [TABLE] であることを確認します。

  • プロパティ値を取得します。

    たとえば、リンクのテキストを取得するには、[プロパティを取得] を使用し、[プロパティ名] フィールドに HTML InnerText と入力します。

  • 検索するプロパティを指定します。常に True に解決するプロパティだけをマークします。

アクション

オブジェクトをキャプチャした後、実行時にオブジェクトに対して bot が実行するアクションを指定します。たとえば、ハイパーリンクをキャプチャするときに、ボタンをクリックすることやリンクのテキストを取得することができます。すべてのオブジェクトの表および可能な操作については、「Universal Recorder でキャプチャされたオブジェクトに対して実行されるアクション」を参照してください。

バックグラウンド処理

バックグラウンド処理により、フォアグラウンドのアプリケーション (マウスのクリックなど) とのやり取りをバックグラウンドで自動的に実行できます。このオプションを使用して、ターゲット オブジェクトの可視性を高め、bot の精度を向上させることをお勧めします。actions 次のサポートバックグラウンド処理:
  • Click
  • テキストを設定
  • テキストを取得

安全な記録

安全な記録が有効の場合、bot はオブジェクトの画像や値のキャプチャを実行しません。これにより、機密データが bot に保存されなくなります。

安全な記録モードでタスクを記録すると、[プレビュー] ウィンドウにキャプチャされた領域が一時的に表示されます。このイメージは、アクション エディター ウィンドウから移動した後に削除されます。

管理者権限を持つユーザーは、この設定を有効にする必要があります。「設定:」を参照してください。

プロキシ サポート

デバイスがプロキシで構成されている場合、このpackageからのすべてのアウトバウンド リクエストはプロキシ サーバー経由でルーティングされます。「プロキシを介した Bot agentとデバイスの接続」を参照してください。

フィードバックを送る