Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Prompt package

  • 更新済み: 5/12/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

Prompt package

[Prompt] packageを使用すると、入力値や「yes/no」レスポンスを受け入れることや、ファイルまたはフォルダーを開くことができます。

[Prompt] package内のActions

[Prompt] package には以下のactionsが含まれます。

Action 説明
ファイルの場合 ユーザーに値を入力するよう求めるプロンプトを表示します。
  • [プロンプト ウィンドウのキャプション] フィールドにウィンドウ キャプションを入力します。
  • [プロンプト メッセージ] フィールドにメッセージを入力します。
  • [値を既存の変数に割り当て] フィールドでリスト変数を指定します。
フォルダーの場合 ユーザーにフォルダーを選択するよう求めるプロンプトを表示します。
  • [プロンプト ウィンドウのキャプション] フィールドにウィンドウ キャプションを入力します。
  • [プロンプト メッセージ] フィールドにメッセージを入力します。
  • [値を既存の変数に割り当て] フィールドで変数を指定します。
値の場合 ユーザーに値を入力するよう求めるプロンプトを表示します。
  • [プロンプト ウィンドウのキャプション] フィールドにウィンドウ キャプションを入力します。
  • [プロンプト メッセージ] フィールドにメッセージを入力します。
  • [値を既存の変数に割り当て] フィールドで変数を指定します。
「はい/いいえ」の場合 ユーザーに「Yes/No」レスポンスを選択するよう求めるプロンプトを表示します。
  • [プロンプト ウィンドウのキャプション] フィールドにウィンドウ キャプションを入力します。
  • [プロンプト メッセージ] フィールドにメッセージを入力します。
  • [値を既存の変数に割り当て] フィールドで変数を指定します。

[Prompt] actionsを使用する方法については、下のビデオをご覧ください。

フィードバックを送る