Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

サウンドを再生パッケージ

  • 更新済み: 9/29/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

サウンドを再生パッケージ

[Play Sound] packageには、bot でアクションを実行する前または実行した後にビープ音やメディア ファイルを再生できるアクションが含まれています。

Play Sound packageには次のアクションが含まれています。

Action 説明
ビープ音の再生 アクションを実行する前または実行した後にビープ音を再生します。
メディア ファイルの再生 アクション実行の前後に音声ファイルを再生します。
注: .wav および .mp3 ファイルはサポートされており、デバイスにメディア プレイヤーをインストールする必要はありません。

次のタブのいずれかを選択して、メディア ファイルの場所を指定します。

  • Control Room ファイル: Control Room にあるファイルを使用します。
  • デスクトップ ファイル: デバイスで使用可能なファイルを使用します。
  • 変数: ファイル変数を使用してファイルの場所を指定します。
フィードバックを送る