Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[Office 365 カレンダー] package

  • 更新済み: 5/14/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[Office 365 カレンダー] package

[Office 365 カレンダー] packageには、Office 365 カレンダーの会議関連タスクを自動化できるactionsが含まれています。

開始前

使用可能なactionsのセットの手順の一部として、[Office 365 カレンダー] package内の以下のactionsを実行します。

  1. [接続] actionを使用して、Office 365 サーバーとの接続を確立します。
    [接続] actionを使用する」をご覧ください。
    注: Office 365 packagesは現在、多要素認証またはシングル サインオンをサポートしていません。
  2. タスクを自動化するには、このpackageで使用可能なactionsの組み合わせを使用します。
    注: actions他の Office 365 パッケージのを使用するには、そのpackageの [接続] actionを使用して接続を確立します。
  3. 接続を終了するには、[接続解除] actionを使用します。

[Office 365 カレンダー] package内のActions

[Office 365 カレンダー] packageには、以下のactionsが含まれています。
注: カレンダー内の各会議にactionを適用するには、いくつかのactionsを [ループ] action内で使用する必要があります。「Office 365 のカレンダー アクションをループで使用する」をご覧ください。
Action 説明
添付ファイルの追加 会議に添付ファイルを追加します。このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
  • [接続] actionで使用したセッション名を入力します。
  • 添付するファイルを Control Room またはデスクトップから選択するか、ファイル変数を挿入します。各ファイル パスはコンマで区切ります。
出席者を追加 1 人以上の出席者を会議に追加し、出席がオプションか必須かを指定します。実行時間中、このactionによって会議参加者への E メール通知がトリガーされます。このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
  • [接続] actionで使用したセッション名を入力します。
  • [必須] または [オプション] フィールドに出席者の E メール アドレスを入力します。各 E メール アドレスはコンマで区切ります。
会議をキャンセル 会議をキャンセルします。実行時間中、このactionによって会議参加者への E メール通知がトリガーされます。このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
接続 組織のクライアント ID、テナント ID、ユーザー認証情報を使って、Office 365 サーバーとの接続を確立します。

[接続] actionを使用する」をご覧ください。

ミーティングの作成 [会議を作成] アクションを使用する」をご覧ください。
出席者を削除 会議から出席者を削除します。実行時間中、このactionによって会議参加者への E メール通知がトリガーされます。このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
  • [接続] actionで使用したセッション名を入力します。
  • 削除のオプション (会議または出席者) を選択します。出席者を削除するには、出席者の E メール アドレスを入力します。複数の出席者を削除するには、各出席者の E メール アドレスをコンマで区切って入力します。
ミーティング情報の削除 会議に関連する情報 (タイトルや場所など) を削除します。このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
  • [接続] actionで使用したセッション名を入力します。
  • 削除する会議情報を選択します。オプションを以下に示します。
    • [肩書き]
    • 場所:
    • アジェンダ
    • 通知
    • 繰り返し:
    • 終日
接続解除 Office 365 サーバーとの接続を終了します。[接続] actionで使用したセッション名を入力します。このactionは、この Office 365 パッケージのactionsを使用する自動化シーケンスの終わりに挿入します。
空いているミーティング スロットの取得 [空いている会議スロットの取得] アクションを使用する」をご覧ください。
ミーティングの変更 会議の情報を変更します。このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
  • [接続] actionで使用したセッション名を入力します。
  • 次のいずれかを実行します。
    • ミーティングの開始または終了日付。
    • ミーティングを終日に変換します。
    • ミーティング タイトルを改訂します。
    • アジェンダを改訂します。
    • 場所を更新します。
    • 通知を更新します。
    • 繰り返し、頻度、開始日、終了日を更新します。
ミーティングへの返答 会議への招待に応答します (承諾、辞退、または仮の予定)。レスポンスにメッセージを追加することもできます。 このaction[ループ] action内で使用して、この操作をカレンダー内の各会議に対して繰り返します。Loop package をご覧ください。
フィードバックを送る