Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[行/列の挿入または削除] アクションの使用

  • 更新済み: 1/15/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[行/列の挿入または削除] アクションの使用

現在のワークシートまたは CSV ファイルの行または列を作成または削除するには、挿入 または 削除 アクションを使用します。

ワークシートで行や列を挿入または削除するには、次の操作を行います。

手順

  1. 挿入 または 削除 アクションを アクション パレットの Excel ノードからダブルクリックするかドラッグします。
  2. スプレッドシートで行を挿入または削除する場合は、行の操作を選択します。
    1. 行を挿入オプションを選択して行を挿入し、フィールドで行を挿入する場所を指定します。
    2. 行を削除オプションを選択して、行を削除します。フィールドで削除する行番号を指定する必要があります。たとえば、ワークシートの 10 行目を削除する場合は、フィールドに 10 と入力する必要があります。最初の 5 行を削除する場合は、フィールドに 1:5 と入力する必要があります。
  3. スプレッドシートで列を挿入または削除する場合は、列の操作を選択します。
    1. 列を挿入オプションを選択して列を挿入し、フィールドで列を挿入する場所を指定します。
    2. 列を削除オプションを選択して、列を削除します。フィールドで削除する列のアドレスを指定する必要があります。たとえば、ワークシートの 'D' 列を削除する場合は、フィールドに D と入力する必要があります。最初の 5 列を削除する場合は、フィールドに A:E と入力する必要があります。
  4. [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  5. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る