Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[次の空のセルを検索] アクションの使用

  • 更新済み: 2/18/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[次の空のセルを検索] アクションの使用

[次の空のセルを検索] アクションを使用して、現在のワークシート内で次の空のセルを見つけます。

次の空のセルを見つけるには、次の操作を行います。

手順

  1. [次の空のセルを検索] アクションをダブルクリックするか、[アクション] パレットの [Excel] ノードからドラッグします。
  2. [方向] セクションから [] オプションまたは [] オプションを選択して、空のセルを行と列のどちらで検索するかを指定します。
  3. [開始] セクションから [アクティブ セル] オプションまたは [特定のセル] オプションを選択して、検索を開始する位置を指定します。
  4. 空のセルのアドレスを格納するために使用する文字列変数を [出力を変数に割り当てる] リストから選択します。
    Control Room に、内容が分かるようなデフォルト変数名が表示されます。複数の出力変数を作成すると、重複を避けるために、後続の変数名に -1-2-3 などが追加されます。
  5. [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  6. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る