Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[テーブルをエクスポート] actionの使用

  • 更新済み: 1/21/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[テーブルをエクスポート] actionの使用

テーブルをデータベースまたは CSV ファイルにエクスポートするには、[テーブルをエクスポート] actionを使用します。

手順

テーブルをエクスポートするには、以下の手順に従ってください。

  1. Actions パレットで、SAP package[テーブルをエクスポート] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [セッション名] フィールドに、[接続] actionSAP アプリケーションへの接続に使用したセッション名を入力します。
  3. [フィールド パス] フィールドで、場所、またはオブジェクトの場所を含む文字列変数を指定します。
  4. [名前を付けてエクスポート] オプションで、[CSV] または [データテーブル] を選択して、テーブルのセルをエクスポートするオプションを指定します。
    [選択][手順]
    CSV
    1. [ファイル パス] フィールドに位置またはファイル変数を指定します。
    2. オプション: [エンコード] フィールドに値を指定します。

      デフォルトのエンコーディングは ANSI に設定されています。

    3. エクスポート時にヘッダー行を含めるには、[ヘッダーを付けてデータをエクスポート] チェックボックスを選択します。
    4. [保存時] フィールドで、ログ ファイルを追加するには [既存のログ ファイルに追加]、ログ ファイルの内容を上書きするには [既存のログファイルを上書き] を選択します。
    [データテーブル] [データテーブル] フィールドで値を指定します。
  5. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る