Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

テーブルの操作

  • 更新済み: 1/15/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

テーブルの操作

[Excel 詳細設定] パッケージには、Microsoft Excel スプレッドシートのテーブル操作に関連するタスクの自動化に使用できる各種アクションが含まれています。

Excel 詳細設定パッケージのテーブル アクション

注: ブックのテーブルを使用できるようにします。さまざまな行と列にデータを含んでいるワークシートはテーブルと見なされません。
[Excel Advanced] パッケージには、以下のアクションが含まれています。
アクション 説明
テーブル列を削除する テーブルの列を削除します。
  • 列を削除する [テーブル名] を指定します。
    注: テーブル名は文字列値です。これはデータ テーブル名ではありません。Excel テーブル名の取得方法については、Rename an Excel table を参照してください。
  • 削除する列の名前または位置を指定するには、[名前] または [位置] を選択します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
テーブルをフィルターする テーブルをフィルター アクションの使用」をご覧ください。
テーブル範囲を取得する ワークシートで使用可能なテーブル範囲を取得し、出力を文字列変数に格納します。
  • 範囲を取得する [テーブル名] を指定します。
    注: テーブル名は文字列値です。これはデータ テーブル名ではありません。Excel テーブル名の取得方法については、Rename an Excel table を参照してください。
  • 範囲内にヘッダーやピボット テーブルを含める、および出力を格納する変数を指定するなどのオプションを選択します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
テーブル列を挿入する テーブルに列を挿入します。
  • 列を挿入する [テーブル名] を指定します。
    注: テーブル名は文字列値です。これはデータ テーブル名ではありません。Excel テーブル名の取得方法については、Rename an Excel table を参照してください。
  • [列の名前] フィールドに列の名前、[列の位置] フィールドに列の挿入先を指定します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
テーブルを並べ替える テーブルの列のデータをソートします。このアクションを使用して、数値データとテキスト データをソートすることができます。
  • データを並び替える [テーブル名] を指定します。
    注: テーブル名は文字列値です。これはデータ テーブル名ではありません。Excel テーブル名の取得方法については、Rename an Excel table を参照してください。
  • [列の名前] または [列の位置] を選択し、列の名前または位置を指定します。
  • [番号] または [テキスト] リストから適切なオプションを選択し、並べ替えの順序を指定します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
フィードバックを送る